あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

ひらのっちの「栄養素って何なのさ?」

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

医者をも遠ざけるりんごの健康パワー

医者をも遠ざけるりんごの健康パワー

11月は、「体調を崩しやすい季節に摂りたい!免疫力をアップさせる栄養素」についてご紹介しています。
第3弾である今回は、ちょうど旬をむかえ、甘さが増して美味しくなる「りんご」についてです。


■1日1個で健康になれる?りんごの驚きの力!
りんごは、人類が食べた最古の果物だといわれています。
昔から「1日1個のりんごは医者を遠ざける」といわれているほど健康パワーを持つ果物として有名です。
そんなりんごにはクエン酸やリンゴ酸などの有機酸、カリウムなどのミネラル類、食物繊維の一種であるペクチンなどの栄養素が豊富に含まれています。
また、りんごに含まれる様々なポリフェノールをまとめてりんごポリフェノールといいます。
りんごポリフェノールは強い抗酸化力を持っているため、血流改善やコレステロール値の低下抑制などに役立つだけでなく、口臭予防や美白効果、ダイエット効果もあると考えられている注目の成分です。

りんごに含まれている様々な成分の中で、免疫力アップに特にぴったりな成分について紹介していきます。


腸内環境を整える働き
りんごに豊富に含まれているペクチンには腸内の善玉菌である乳酸菌を増やし、腸の調子を整える働きがあります
また、ねばねばした性質を持っており、腸内の悪い物質をくっつけて体外に排泄する働きもあります。
腸内環境を整えることで免疫力が高まります。


病気から体を守る働き
りんごポリフェノールは強い抗酸化力を持つため、体内の活性酸素を除去する働きがあります
活性酸素は体にとって大切ではあるものの、増えすぎてしまうと老化を促進させたり、病気を招いたりしてしまう原因のひとつになってしまいます。
このような活性酸素を強い抗酸化力を持つりんごポリフェノールが除去し、体を守ってくれるのです。

■りんごの食べ方の豆知識
一般的にりんごは皮を剥いて食べますが、りんごポリフェノールは皮に多く含まれています。免疫力アップのためには皮ごと食べることで多くのりんごポリフェノールを摂取することができますよ
皮ごとすりおろして食べると消化も良いので、お腹の調子が悪い時や風邪をひいているときは、すりおろして食べるのもおすすめです。

うさぎの飾り切りをしたりんごの写真

この時季に旬を迎えるりんごを美味しく食べて健康に過ごしましょう!

●りんごのレシピはこちら>[【免疫力アップレシピ】りんごのヨーグルトポムポム]
●りんごポリフェノールについて詳しくはこちら>[りんごポリフェノールの成分情報]

この記事を書いた人

平野綾希(管理栄養士)

通称 ひらのっち。管理栄養士の資格を持ち、料理が大好き!最近はパン作りにハマる家庭的女子。

平野綾希(管理栄養士)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ