わかさ生活トップ

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

北欧・駐在員からの便り

 

北欧のシナモンロール

photo_01.jpg
こんにちは!
10月に入り、スウェーデンはすっかり秋模様となりました。
皆さんがお住まいの地域はいかがですか?


先日、10月4日はスウェーデンでは「シナモンロールの日(kanelbullens dag)」でした☆
シナモンロール発祥の国とされるスウェーデンでは、お菓子とお茶を楽しみながら談笑する習慣、「フィーカ(fika)」が根付いており、シナモンロールはフィーカの代表的なお菓子の1つです。

photo_02.jpg


この日はあちこちのカフェやスーパーでシナモンロールが大々的に売り出されていました。

日本でも売られているシナモンロールは渦巻き型でアイシング(砂糖衣)がかかったものが多いですが、北欧で見かけるシナモンロールには少しスタイルに違いがあります。

photo_03.jpg


こちらはスウェーデンのシナモンロール。
スウェーデンでは渦巻き型のほかに、こちらの毛糸玉のようなノット型といわれる形も主流です。
なんだかお花っぽくも見える形には華やかさがありますね!

photo_04.jpg


そして、フィンランドのシナモンロールは「コルヴァプースティ(korvapuusti)」と呼ばれており、この名前は直訳すると「つぶれた耳」!
言われてみれば、渦が横向きになっている形はつぶれた耳に見えなくもない・・・?(笑)

見た目だけでなく、北欧のシナモンロールにはシナモンのほかにカルダモンも使われており、より風味豊かなのも特徴です。
また、トッピングにはアイシングではなくニブシュガーと呼ばれるゴマ粒状の砂糖が。

サクッとした食感につぶつぶ砂糖のアクセント、そしてシナモンとカルダモンの風味、優しい甘さが口いっぱいに広がり・・・
と、想像していたら食べたくなってきた!北欧に行くまで待てない!!
という方は、ぜひこちらのレシピを参考に北欧のシナモンロールづくりにチャレンジしてみてください♪(^^)


▼レシピはこちら☆
レシピ - シナモンロール

また、「北欧の国から」のシナモンロールのエピソードでは、フィンランドのシナモンロール「コルヴァプースティ」の形の作り方をご覧いただけます♪

▼動画はこちら☆
北欧の国から - シナモンロールとコーヒー


**********

☆情報サイト「北欧生活」はこちら!

photo_10.jpg

この記事を書いた人

川畑佳奈(北欧生活サイト担当)

大学時代にスウェーデンへの留学を経験し、大の北欧好きに。北欧のビンテージ食器を集めるのが趣味。

川畑佳奈(北欧生活サイト担当)
このページをシェアする!

オススメ記事

ページトップへ