Happy Rose Fan Happy Rose Fan

Happy Rose Fan

古代から人を魅了してきた!ローズの歴史とは

「ローズ」の写真""

今も昔も多くの人に愛され続けているローズ。

その歴史を振り返ってみると、古代から親しまれてきたことが分かります。

今回ははるか昔の2人の女性のエピソードとローズの関係をご紹介します。

そのうちの1人は、紀元前7世紀頃に活躍した古代ギリシャの女性詩人サッフォーです。

古代ギリシャの貴族たちは、ローズの香りを好み、花冠や薬としても用いていました。

詩人であるサッフォーは、ローズのことを「花々の女王」と呼び、ローズの香りを「恋の吐息」と詠っています。

とてもロマンチックですよね。このエピソードから古代ギリシャも、ローズが人々に愛されていたことが分かりますね

世界三大美女も愛していた!

2人目の女性は、楊貴妃・小野小町とともに「世界三大美女」として知られているクレオパトラです。

この時代は、特にバラの花びらから作ったーズオイルは非常に高価で貴重なもので、権力の象徴としても知られていました。

クレオパトラは、そのローズオイルをたっぷりと肌に塗り、ローズの花びらを枕にしていたと言われるほどのローズ好きとして知られています。

後に、ローマの英雄ユリウス・カエサルにエジプトの統治権を委ねられたクレオパトラ。

その美貌に加えて、ローズの香りで誘惑したことが女王の座を手に入れる秘訣だったとも言われています。

さらに、ローマ帝国のマルクス・アントニウスを迎えるときは、膝の高さまでバラの花びらを敷き詰めたという伝説も残っているほど。

このように、クレオパトラは人生のあらゆる場面でローズの香りを味方につけてきました。



ローズの香りを「恋の吐息」と詠ったサッフォーや自分をより魅力的に魅せる場面でローズを用いたクレオパトラ。

私たちも古代の女性に倣って、女子力アップする上でローズを味方につけていきましょう。

▼ダマスクローズオイルを使った商品はこちら▼

コラーゲンボール ソフィアローズ

この記事を書いた人

中村 藍

アロマ検定1級保有の美容ライター。美容・健康に関する知識を中心に発信しています。

女性がコーヒーを持って下を向いて微笑んでいる
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする