わかさ生活知恵袋

お風呂Life

体温を+1℃で免疫力アップ!

ご自身の平熱を知っていますか?
健康的な人の平熱は36.5~37.1度。 実は今、36度以下という「低体温」の人が増えているそうです。
「低体温」は免疫細胞と大きなかかわりがあり、放置するとさまざまな病気が発症してしまう可能性も。 体温が1℃上がるだけでなんと免疫力は5~6倍アップするといわれているので、常に血流を良くして体温を高めておきたいですね。

健康的な人の体温36.6℃を表示する体温計
【体温を上げるポイント①】
毎日続けられる運動をする

犬の散歩をしている女性低体温の原因のひとつとして、筋肉量の減少があげられます。
筋肉が少なくなると、基礎代謝が低下し体温も下がります。逆に、筋肉量が増えれば低体温の改善につながるといえます。
毎日続けられる運動で筋肉をつけていきましょう。毎朝の犬の散歩を続ける、通勤では1駅歩く、エレベーターでなく階段を使うなど、無理なく続けられる方法を考えましょう。

【体温を上げるポイント②】体を温める食材を摂る

温かい飲み物で体を温める女性冷たいものを口にすると、体の中から冷えてしまい内臓機能の低下や消化不良を起こす原因になってしまいます。
温かいものを食べたり飲んだりするように心がけましょう。 また、体を温める食品を普段の食事に取り入れることもおすすめです。

■体を温める食品
ニンニク・山椒・胡椒・唐辛子・ニラ・葱・生姜・人参・カボチャ・ゴボウ・大根・玉ねぎ・春菊・山菜類・羊肉・鶏肉・クルミ・栗・鰻・りんご・ぶどう など

【体温を上げるポイント③】お風呂にゆっくり入る

ゆっくりお風呂に浸かる女性
シャワーだけで済ませてしまうと、体を温めることはできません。湯船にゆっくり浸かるようにしましょう。
36~41度のぬるめのお湯に15分以上入ることをおすすめします。 お風呂にゆっくりつかることでリラックス効果もあり、全身の血行が良くなるので習慣づけると良いでしょう。

健康も美容も病気の予防も、あらゆる「健康のインフラ」は体温と血流だといわれています。
入浴や食事に気をつけ、+1℃の生活を心掛けていきたいですね。


参考:『体温を1℃!上げなさい』 小星重治・著 飯沼一茂監修
   『体温を上げると健康になる』斎藤真嗣・著

この記事を書いた人

お風呂Life編集部
健康入浴指導士の資格をもつメンバーが、お風呂を通して健康や美容に繋がる情報をお届けします。
みなさまの毎日のお風呂タイムがHappyになりますように♪
お風呂Life編集部のアイコン画像
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする