わかさ生活知恵袋

お風呂Life

時短!髪の毛の乾かし方

肌寒い季節、お風呂上がりに髪からしたたり落ちた雫で背中がヒヤッとしたことはありませんか?
今回は、時短で髪の毛を乾かす方法を紹介します♪


濡れた髪とかす

【ステップ1】濡れた髪をくしでとかす
お風呂上がりの髪は水分をたくさん含んでいます。
くしで髪をとかすことによって、水分を落とすのはもちろんのこと、乾かした後の髪の広がりを緩和します。


タオルドライ

【ステップ2】タオルドライ
より速く乾かすポイントとして、体を拭いたタオルとは別に新しいタオルを使用することがおすすめです。ドライヤーをかける前に、タオルで余分な水分をあらかじめ取れるだけ取っておきましょう。
拭く時は、根元から毛先に向かって髪を挟み込むように軽くポンポンと叩くように拭いてください。
ゴシゴシと髪を拭いてしまうと、髪を痛める原因になるので優しく扱うよう心がけましょう。


脱衣所

【ステップ3】湿気のあるところから移動しよう
いよいよ乾かす準備ができました...けどちょっと待って!
脱衣所の空気は多くの湿気を含んでいます。
湿気のない場所で乾かすことが時短の秘訣です。


根元

【ステップ4】乾かす時は「根本」から
毛先は長年のダメージにより乾燥しやすくなっているため、水分を多く含んでいる根元から乾かしましょう。
先に毛先から乾かしはじめると乾かしすぎ、パサつきの原因になります。


髪のダメージを軽減するためにも、日頃の節電のためにも時短の乾かし方を実施していきましょう♪
また、お風呂あがりにもかかわらず毛髪の水滴などでヒヤッと寒さを感じている方は、体が芯から温まっていないのかもしれません。
『わかさの温浴』は、重炭酸温浴法により有効成分が温浴効果を高めて血行促進!体の芯からポカポカに♪
ぜひご利用くださいませ。


photo_05.jpg


参考:株式会社ビューティーワールド
ドライヤーの時短テク!!! #7
https://beautyworld.jp/zubora/zubora7/

この記事を書いた人

お風呂Life編集部
健康入浴指導士の資格をもつメンバーが、お風呂を通して健康や美容に繋がる情報をお届けします。
みなさまの毎日のお風呂タイムがHappyになりますように♪
お風呂Life編集部のアイコン画像
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする