あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

北欧・駐在員からの便り

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

北欧フィンランド発祥「ノルディックウォーキング」

北欧フィンランド発祥「ノルディックウォーキング」

「運動の秋」とも言われる季節がやってきました!そこで、今回は北欧フィンランドが発祥で日本でも流行しつつある「ノルディックウォーキング」についてご紹介します。
「ノルディックウォーキング」は日ごろ運動する時間がとれず体重コントロールが難しい方、ストレスが多くリフレッシュしたい方、高血圧や糖尿病の予防・治療に効果的な運動を始めたいと思っている方にぴったりです!

【ノルディックウォーキングとは?】
フィンランドには「自然享受権」というものがあり、人は誰でも好きな森に入り、ウォーキングなどを楽しむことができます。このような国民の権利もあり、ウォーキングがさかんに行われています。

「ウォーキング」と聞くと何か特別な服装・靴を履いて特別な歩き方をしなくてはならないのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、散歩がグレードアップしたものというイメージで捉えていただけたら結構です。

「ノルディックウォーキング」はスキーのクロスカントリー同様の方法で2本のポールを使い、スキー板の代わりにシューズに履き替えて散策することを言います。

日本では2003年にNPO法人「日本ノルディックウォーキング協会」が設立され、本格的に普及が始まりました。


【ノルディックウォーキングの運動効果】
「ノルディックウォーキング」はポールを使った全身運動のため、全身の筋肉の約90%を使うそうです。
そんな「ノルディックウォーキング」の健康効果についてご紹介します。

○90%の筋肉を使う全身運動(1時間当たり400kcalを燃焼)

○ひざの関節・脊柱への負担軽減(約5kcal/歩 軽減)

○手術後のリハビリに効果的
ウォーキング時の負担が軽いため、一時的なリハビリにも効果的です。

○年配者にもおすすめ
ポールがバランス維持をサポートし、転びにくい歩行になります。

○正しい歩行姿勢に
ポールを持って歩くことで歩行姿勢が正され、呼吸を整えます。

○長時間の歩行も楽に
下半身にかかる負担を軽減し、長い距離の歩行が可能です。

○腰痛防止に
オフィスワークの多い方の腰痛防止に最適です。

○新しい理想的なスポーツへ
ジョギングや普通のウォーキングでは...と考えている方々に理想的なスポーツです。
 (出展:日本ノルディックウォーキング協会)

【ノルディックウォーキングの実践方法】
準備するものは「動きやすい服装、履きなれたシューズ、ウォーキング用ポール」の3点のみ。

▼ノルディックウォーキングにて使用するポール

北欧フィンランド発祥「ノルディックウォーキング」

ポールの長さ目安は「身長(cm)×0.63」。身長160cmの場合(160cm×0.63=100.8cm)、ポールは100cm前後にしましょう。
歩き方の例として2点あげていますので、やりやすい方法で始めてみましょう。

(1)ディフェンシブスタイル(運動強度弱)
健康維持のため、毎日行うことができる全ての人向けの方法です。
ポールは、踏み出した足の横にほぼ垂直につきます。

(2)スタンダードスタイル(中等度の運動強度)
体力の向上を目指す方や活発な運動をしたい方におすすめの方法です。
ポールは踏み出した足と残った足の間に突きます。ポールと前腕の角度は70~80度くらいが適切です。

【まとめ】
フィンランドで始まった心にも身体にも健康的な「ノルディックウォーキング」。今では世界40カ国以上の国で親しまれ、愛好者が900万人を超えるともいわれる人気スポーツです。
まずは生活の中でウォーキングを取り入れ、慣れてきたら週末などに少し足を伸ばして「ノルディックウォーキング」を行い、美しい日本の自然を楽しんでみてはいかがですか?

**********

☆情報サイト「北欧生活」はこちら!

photo_10.jpg

==================================
参考資料
日本ノルディックウォーキング協会:http://www.jnwa.org/about
北欧発のスポーツ:https://serai.jp/health/314385
無印良品「ノルディックウォーキング」:https://www.muji.net/lab/living/151118.html

この記事を書いた人

西原彩(わかさ生活サイト担当)

時間を忘れてしまうくらいのカメラ女子!北欧フィンランドの森に行って以来、北欧のトリコに!

西原さやか(わかさの広場 運営担当)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ