わかさ生活知恵袋

わかさFitness

骨盤のゆがみ・肩こりに!「三日月」のポーズ

長時間のデスクワークや、運動不足などにより硬くなりやすい股関節まわりの筋肉。
足を大きく前後に開くことで、股関節の柔軟性を高めてくれるポーズです。
このポーズでは、股関節の柔軟性や腰痛などに深く関係している腸腰筋をストレッチすることができます。 日常生活でなかなか動かすことのない股関節をしっかりほぐしましょう。

三日月のポーズをとっている写真.jpg

「三日月」のポーズのやり方

① 四つん這いの状態になり、ゆっくり息を吸い、吐きながら右足を両手のあいだに大きく踏み出す。
②左足は床にヒザと足の甲を床につける。
③息を吐きながら体の前で両手を合わせて、息を吸いながら天井に向かって手を伸ばし、上半身を後ろへ反らせる。そのまま3〜5回呼吸する。
④左右の足を変えて同じように行う

1. 骨盤の歪み改善
骨盤がしっかり開くので、鼠径(そけい)部にあるリンパ節が刺激され、血液やリンパ液の流れが改善されます。
骨盤や股関節のストレッチ、疲労回復やむくみ改善が期待できます。

2. 肩こり解消
腕を大きく伸ばして上体を反らすことで、肩や首などの可動域を広げ、肩こりの予防や解消効果が期待できます。

3. 全身のストレッチ
三日月のポーズで体全体をストレッチすることで、二の腕や太もも、ヒップ、ウエスト、背中など、全身の引き締め効果が期待できます。

この記事を書いた人

わかさFitness編集部

エクササイズ大好きなメンバーが、おうちでできる簡単エクササイズを紹介しています。

わかさFitnessのバナー
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする