あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

毎日健康!!いきいきだより

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

【ハロウィンレシピ】かぼちゃの白玉

10月の街はハロウィンのディスプレイが目を楽しませてくれます♪
そんな中にジャック・オ・ランタンを見つけました。
かぼちゃの果肉と種を取り出し、目や口をくりぬいて作る、ちょっと怖い表情の飾りです。

普段食べているかぼちゃは皮が緑の、西洋かぼちゃや東洋かぼちゃ。
ハロウィンで使われる、皮がオレンジ色をしたものはペポカボチャといいます。
食べられなくはないですが、観賞用や家畜のエサとして栽培されています。

なので、普段のかぼちゃで作る『かぼちゃの白玉』を紹介します♪

かぼちゃの白玉の写真
♪かぼちゃの白玉♪

●材料(4人分)
・かぼちゃ 1/8個
・白玉粉 100~120g
・水 適量
・小豆缶 小1缶
・きな粉 大さじ1~2


●つくり方
①かぼちゃは種とワタを取って皮を削ぎ落とし、一口大に切って耐熱容器に並べてラップをかける。
②電子レンジで3~4分加熱し、熱いうちにつぶす。
③ボウルに白玉粉を入れ、少し湿るくらいの水を加えて混ぜ合わせ、かぼちゃの裏ごしを加える。
④よく練り、パサパサするようなら水を加え、耳たぶ位の硬さに練り、30個位に丸める。
⑤練った白玉(かぼちゃ入り)の中央を押さえながら、煮立っているたっぷりの熱湯に入れる。
⑥浮いてから約1分ゆでる。冷水に取って粗熱が取れれば水気をきる。
⑦器にかぼちゃの白玉を盛り、ゆで小豆を添え、きな粉をふりかける。

かぼちゃの自然な甘みに少し甘めの小豆が絶妙で、気持ちもほっこりします。
子どもさんなら、バニラアイスを添えてもよいかもしれませんね♪

緑のかぼちゃでジャック・オ・ランタンを作った時にくりぬいた果肉を使うのもおススメです。

この記事を書いた人

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)

いつも笑顔がトレードマークの元気娘!楽しいこと大好き!健康力、美容力アップのため日々勉強中♪

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ