わかさ生活知恵袋

お風呂Life

楽しく簡単手作り石鹸♪

手作り石鹸にも様々な種類がありますが、
今回ご紹介するのは電子レンジで溶かして固めるだけで作れる
天然の保湿成分グリセリンを使ったグリセリンソープ(MPソープ)です。
お好みの色や香りを付けることで、世界に一つしかない自分だけの手作り石鹸が出来上がります。
お子さまでも簡単に作る事が出来ますので、ご家族皆さんで楽しく作ってみてください♪

■材料
・グリセリンソープ(MPソープ)
・香料(エッセンシャルオイル)
・カラージェルや食紅などの色材
・お好みでハーブ
※グリセリンソープは雑貨などの量販店やインターネットで販売されています。
※量は作りたい石鹸の大きさによって調整してください。 
100gで石鹸1つ位作れます。
※香料のエッセンシャルオイルは肌に出来るだけ刺激の少ないものをお選びください
(ラベンダーやローズマリー、ネロリなど)

■道具
・耐熱容器
・耐熱スプーン(混ぜ合わせるもの)
・型(取り外しやすいシリコンがおすすめ)
・カッターや包丁

石鹸の材料■作り方

1、溶けやすいようにグリセリンを1~2㎝にカットする

グリセリンソープを切る


2、耐熱容器に入れ、電子レンジで溶かす
 500Wで約10秒から20秒ぐらいを目安に、様子をみながら溶かす
 耐熱容器が熱くなっているため、取り出す時は火傷に注意してください。
 溶かす時間が長いと泡だってしまいますので注意して時間調整をしてください。

切ったグリセリンソープを耐熱容器に入れる


3、溶けたグリセリンソープにお好みで香料を加えてください。
 入れる量は、グリセリンの重量に対して1%が目安です。
 (グリセリンソープが50gの場合は10滴くらいまででお好みで調整してください)
 (肌に刺激があるものもありますので、入れ過ぎには注意してください)
 香料をかき混ぜる際に泡が立たないように、ゆっくりと混ぜるのがポイントですが、
 ゆっくりし過ぎると固まってきてしまいますので、その際は再度電子レンジで加熱をしてください。
 このタイミングで色材も入れて香料とともに混ぜ合わせてください。
 軽くかき混ぜるだけにするとマーブル模様なども楽しむことが出来ます。

溶けたグリセリンソープに校了を入れる溶けたグリセリンソープにお好みでカラー材を入れる

材料を混ぜ合わせる

材料を一から集めるのが大変という場合は、グリセリンソープと色材などがセットで販売されている
石鹸の手作り用キットがありますので、そちらをご活用ください。

カラー材キットのカラー材を混ぜる

4、材料を混ぜ合わせたら型に流し込んでください。
  お好みでハーブを入れる際はこのタイミングで入れてください。

石鹸を型に流し込む

photo_10.jpg


5、常温で1時間程度置いたら固まりますので、型から外して完成です

石鹸の完成

ご自宅で簡単にお好みの手作り石鹸を作ることが出来ますので、是非一度作ってみてくださいね。
※電子レンジで温める際に容器や中身が熱くなりますのでご注意ください。
また包丁やカッターを使う時はご注意ください。


参考:透明なせっけん『グリセリンソープ』の簡単な作り方 https://craftie.jp/style/article/5055
エッセンシャルオイル(精油)の皮膚刺激性について https://www.t-tree.net/seiyu/d_5_skinshigeki.htm

わかさの温浴

この記事を書いた人

お風呂Life編集部
健康入浴指導士の資格をもつメンバーが、お風呂を通して健康や美容に繋がる情報をお届けします。
みなさまの毎日のお風呂タイムがHappyになりますように♪
お風呂Life編集部のアイコン画像
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする