お風呂Life お風呂Life

お風呂Life

お風呂で血流を良くする秘密は、一酸化窒素(NO)

お風呂は、ぬるめのお湯がおすすめです。
なぜなら、体温を上げるための入浴ポイントが、この〝ぬるめのお湯〟にあるからです。

ぬるめのお湯を手ですくっている写真

ぬるめのお湯では、身体はリラックスモードとなり、自律神経の作用によって「一酸化窒素(NO)」という物質が産生されます。
このNOには血管を拡げる作用があるため、末端まで多くの血液が届けられることになります。

重炭酸イオンが溶け込んだお湯に浸かることでNOを増やし血管を広げて血流が良くなっている女性のイラスト

そして、NOの作用をより強く実感するための秘密が「重炭酸イオン」です。

重炭酸イオンは水にも血液にも溶けます。重炭酸イオンが溶け込んだお湯に10分以上浸かっていれば、汗腺や皮脂腺を通って重炭酸イオンが体内に吸収されます。すると、体内センサーが反応して酸素を多く取り込もうとします。その結果、酸素の供給が過剰になることでNOとのバランスが悪いと脳が感じ、体温・血流をアップさせるNOを多く分泌するのです。

重炭酸温浴法でお風呂を楽しむ女性重炭酸イオンが溶け込んだお湯にのんびり浸かるだけで、NOを増やすことができるのです。
それが「重炭酸温浴法」。
重炭酸温浴法を実践するだけで血流を改善できる秘密は、このNOにあるわけですね。

参考:「冊子わかさ生活」2020年11月号、『若々』2022年特別号

この記事を書いた人

お風呂Life編集部
温泉ソムリエや健康入浴指導士の資格をもつメンバーが、お風呂を通して健康や美容に繋がる情報をお届けします。
みなさまの毎日のお風呂タイムがHappyになりますように♪
お風呂Life編集部のアイコン画像
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする