あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

ひらのっちの「栄養素って何なのさ?」

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

洗うだけで食べられる!いちごで健康に♪

洗うだけで食べられる!いちごで健康に♪

子どもから大人まで大人気のいちご。冬から春にかけて旬を迎えるいちごには、さまざまな健康成分が含まれています。
過去のいちごの記事ではビタミンCについてお伝えしましたが、今回はいちごに含まれるその他の成分についてお伝えします。
●過去の記事はこちら>[旬のいちご♪おすすめの理由とは?]



■豊富なビタミン・ミネラル

いちごには、ビタミンC以外にもビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
その中でも「造血のビタミン」と呼ばれる葉酸が含まれており、貧血気味の方や成長期の子どもにとって大切な働きがあります。
また、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれており、特にカリウムはむくみの予防に役立つため、気温の変化が大きくむくみやすいこの季節におすすめです。

■腸内環境を整える食物繊維

いちごには、食物繊維のひとつであるペクチンが豊富に含まれています。ペクチンには、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる働きがあります。
腸内環境を整えることは、免疫力アップにつながるといわれていますので、まだまだ風邪対策に気をつけたいこの時季におすすめです。


最後にいちごの豆知識。
いちごは冷凍してもほとんど栄養価が変わらない果物です。
洗ってへたをとり、水気を切ってフリーザーバッグなどに入れて冷凍庫へ。洗ってへたをとり、水気を切ってフリーザーバッグなどに入れて冷凍庫へ。解凍しても冷凍のままでもおいしく召し上がっていただけます。
特にこれからの暖かくなる季節には冷凍のままシャーベットやいちごミルク、スムージーなどへのアレンジがおすすめです♪

いちごのスムージーの写真



腸内環境も整えることができ、さらにビタミン・ミネラルもたっぷり摂れるいちご。
旬のこの時季に様々な食べ方を楽しんでみてくださいね。

●いちごについて詳しくはこちら>[いちごの成分情報]

この記事を書いた人

平野綾希(管理栄養士)

通称 ひらのっち。管理栄養士の資格を持ち、料理が大好き!最近はパン作りにハマる家庭的女子。

平野綾希(管理栄養士)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ