わかさ生活知恵袋

お風呂Life

手作り「バスボム」で心も体もリラックス♪

バスボムとは、お風呂に入れるとシュワシュワっと溶け出す固形の入浴剤。

お風呂のお湯をまろやかにする重曹とピーリング効果などがあるといわれる
クエン酸を使用する事で、見た目にも楽しく、肌にも優しいお風呂の入浴剤に!
ご自宅でも簡単に作る事ができ、形や香りも自分好みにアレンジもできるので、
いつもとちょっと違ったお風呂タイムをお楽しみいただけますよ♪


◆材料(大き目のバスボム2個分)
・重曹※1   100g
・クエン酸※1 50g
・コーンスターチ、または片栗粉 50g
・水 少々
・お好みの香りの精油 5~10滴
・お好みで食紅(無くても可) 少々

◆道具
・霧吹き(無くても可)
・ボールまたはポリ袋
・型(取り外しやすいシリコンがおすすめ)

バスボム(入浴剤)の材料。重曹、クエン酸、コーンスターチ※1バスボムは肌に触れるものなので、重曹とクエン酸は食用グレード(不純物が少ない)がおすすめです。

◆行程

1、重曹、クエン酸、コーンスターチまたは片栗粉をボール(またはポリ袋)に入れよく混ぜる

重曹、クエン酸、コーンスターチを混ぜ合わせる


2、霧吹きで少し湿らせる。大量の水を一度に入れると、発泡してしまうので、 
 指で押して、少し固まるくらいまで少量ずつ入れてください。
3、お好みの精油を入れる

重曹、クエン酸、コーンスターチに水を少量ずつ入れる


4、お好みの型に入れて固める。またはポリ袋の中で丸める。

材料を混ぜて水を加えた後、型に入れる


5、半日~1日乾燥させれば完成。

バスボムの完成

重曹とクエン酸を混ぜ合わせると炭酸ガスが発生します。
炭酸ガスが発生したお湯に浸かる事で、血管が広がり血液の流れが良くなって、
疲労回復や肩こり、冷えなどにも効果的です。

また、クエン酸には疲労回復や筋肉痛を防止する効果、
ミネラルの吸収を促進する効果があるといわれています。
匂いの原因になる「ミネラル汚れ」を防ぐことで汗の匂い対策にもおすすめです。

ぜひ、ご自身の好きな香りや形のバスボムでお風呂Lifeを楽しんでくださいね。

参考:わかさの秘密 https://himitsu.wakasa.jp/
参考:ウチコトhttps://tg-uchi.jp/topics/6962
参考:AROMA LIFESTYLE https://aromalifestyle.tokyo/diy-bath-bomb/




わかさの温浴

この記事を書いた人

お風呂Life編集部
健康入浴指導士の資格をもつメンバーが、お風呂を通して健康や美容に繋がる情報をお届けします。
みなさまの毎日のお風呂タイムがHappyになりますように♪
お風呂Life編集部のアイコン画像
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする