あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

ひらのっちの「栄養素って何なのさ?」

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

秋の果物"柿"の知られざる栄養価!


photo_01.jpg


日本の秋の果物、柿。
「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、実は栄養価が高い果物なのです。
今回は、そんな柿の栄養素とその効果について紹介します。



柿に含まれる栄養素って?

photo_02.jpg

柿にはビタミンC、B1、B2、A、Kなどが豊富に含まれています。
その中でも注目してほしいのがビタミンCです。
柿1個にはビタミンCが約112mg含まれています。
ビタミンCの1日の推奨量は100mg。
なんと柿を1個食べれば1日のビタミンが摂れてしまうのです!
ちなみに、レモン1個分のビタミンCは20mgとされているので、レモンよりもビタミンCが豊富なんですよ!



ビタミンCの嬉しい美容効果


photo_03.jpg



ビタミンCは美容効果が期待できるビタミンの代表的な存在です。
シミやそばかすの原因となるメラニン色素が沈着するのを防ぎ、透明感のある若々しい肌を保つ効果があるため美白効果が期待できます。
また、コラーゲンの合成を助けてしわができるのを防ぐ働きもあります。



美容だけじゃないビタミンCの効果

ビタミンC には免疫力を高める効果があります。
私たちの身体の中に侵入したウイルスや細菌を攻撃する白血球の働きを助けるだけでなく、ビタミンC自体もウイルスなどを撃退することで免疫力を高めてくれます。
また、コラーゲンの合成を助け、細胞がしっかりと固められることにより、ウイルスを体内に侵入させにくくすることができます。
つまり、ビタミンCを豊富に含む柿は免疫力を高めて風邪を引きにくい身体をつくってくれるのです。




最後に柿をおいしく保存する豆知識!
柿は常温で置いておくとすぐにやわらかくなってしまいますよね。
食感を保ったままにするためには、冷蔵庫で保存するのがおすすめですよ。


柿について詳しくはこちら>【柿の成分情報】



この記事を書いた人

平野綾希(管理栄養士)

通称 ひらのっち。管理栄養士の資格を持ち、料理が大好き!最近はパン作りにハマる家庭的女子。

平野綾希(管理栄養士)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ