あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

ひらのっちの「栄養素って何なのさ?」

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

美容だけじゃない!免疫力アップにビタミンC

美容だけじゃない!免疫力アップにビタミンC

「ビタミンC」と聞くと肌に良い!というイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。 ビタミンCには紫外線の量がだんだん増えてくるこれからの時季に嬉しい美白や美肌に役立つ働きもありますが、風邪予防に役立つ働きもあるんですよ。

今回はそんなビタミンCの健康効果や豆知識について紹介します。

■ビタミンCの強い抗酸化力が免疫力を高める
ビタミンCには、細菌やウイルスを体内に侵入させにくくし、さらに侵入してしまった細菌やウイルスを攻撃して免疫力を高めて風邪を引きにくくし、風邪を引いてしまっても早く治す働きがあります。
実は風邪をひきやすい人は血中のビタミンC濃度が低いことや、風邪をひいたときには低かったビタミンC濃度が、回復するにつれて徐々に高くなるということがわかっているため、この時季積極的に摂りたい成分です。

また人間の体はストレスにさらされるとビタミンCを激しく消費してしまうと言われています。そしてビタミンCが消費されると、免疫力が低下し風邪も引きやすくなってしまいます。
不安やプレッシャー、緊張などの精神的なストレスだけではなく、寒さ・暑さや睡眠不足、激しい運動をした時や、細菌やウイルスに感染した時にも通常よりビタミンCの必要な量が増加します。

そのためビタミンCを普段から積極的に摂取することで免疫力を高め、風邪を引きにくい身体づくりや、ストレスへの抵抗力を高めることに役立ちますよ。

さて、ここで豆知識をひとつ。
みかんはビタミンCが多く含まれている食品のひとつです。
実は青みかんの皮やスジにはヘスペリジンという成分が含まれています。
このヘスペリジンには、この時季に特に辛い症状である花粉症を予防する働きがあると言われています。

美容だけじゃない!免疫力アップにビタミンC

みかんは手軽に摂れる食品のひとつですので、積極的に取り入れ風邪予防、花粉症予防に役立ててくださいね。

●ビタミンCについて詳しくはこちら>[ビタミンCの成分情報]

この記事を書いた人

平野綾希(管理栄養士)

通称 ひらのっち。管理栄養士の資格を持ち、料理が大好き!最近はパン作りにハマる家庭的女子。

平野綾希(管理栄養士)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ