あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

今日からはじめよう!美容ガイド

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

知っていますか?紫外線対策の大切さ

知っていますか?紫外線対策の大切さ

寒い冬が通り過ぎ、暖かい春の季節となりましたね♪
この季節になると気持ちが明るくなると同時に、花粉や、黄砂、PM2.5など暖かい季節だからこその悩みも出てくると思います。
その中の一つに紫外線も含まれているのではないでしょうか。紫外線を浴びすぎると肌のにも影響を及ぼすといわれています。紫外線の対策は肌の健康を保つのにとても重要なことなのです。


●紫外線による肌ダメージ
紫外線にはUVAとUVBの二種類が存在します。UVAは肌の奥に悪影響を及ぼし、肌に弾力を与えるコラーゲンやエラスチンを破壊します。するとシミやたるみを引き起こしてしまうのです。
UVBは表皮に強く影響を及ぼし、炎症をおこします。そして繰り返しダメージを受けることにより、自己修正能力のあるDNAが機能しなくなるのです。こうしてメラニン色素が作られ、肌を黒くし、シミが現れてしまいます。
いつまでも若々しい姿でいるためにも、シミやたるみは作りたくないですよね。


日焼け止めクリームを塗る女性

●シミやたるみを作らない紫外線対策は?
そんなシミやたるみの原因となる紫外線を予防するためにはサングラスやUVカットの洋服、日焼け止めを塗ると効果的です。使われる方が多い日焼け止めは製品に書かれている量を少しずつ顔の各部位に塗り広げていきます。シミが気になるところには多めに塗ると良いそうですよ。
一度塗るだけではなく、2~3時間おきに日焼け止めを塗り直すと効果が持続します!
日焼けした後のケアも大切です。日焼けをして皮膚が赤くなってしまったら患部を冷やし、保湿をしっかりしましょう♪


今年は外出を控え家で過ごされる方が多いため、「日焼け対策はしなくてもいい」と思っている方もいらっしゃると思います。しかし、室内で過ごしていても窓ガラス越しに紫外線を浴びてしまうそうです...。また、晴れの日だけではなく、曇りや雨の日でも紫外線を浴びてしまうため対策を怠ってはいけません。室内でもどんな天気の日でも油断せずに日焼け止めを塗ること、そして日焼けした後の保湿をしてしっかり紫外線対策をしましょう!

この記事を書いた人

西川結菜(わかさ生活サイト担当)
おしゃべり大好き、食べるの大好き♪管理栄養士として栄養面から健康や美容ををサポートしていきます!
にしかわゆいな
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ