あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

今日からはじめよう!美容ガイド

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

【油断禁物!2月こそ気を付けるべき乾燥肌について ~乾燥肌の原因~】

肌荒れに悩む女性の写真

もうすぐ2月、暦の上では春の到来です。
春とは言ってもまだまだ寒い日が続きますね。

実は、2月は1年のうちで最も湿度が低い月なんです。
湿度が下がると肌から水分が奪われ、かさつきや小じわ、肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなります。
肌荒れ知らずのキレイな素肌で春を迎えたいですよね。
そのためにも、2月こそ乾燥に対する対策が大切となってきます。
今週から2週にわたり乾燥肌の原因とその対策法についてご紹介いたします。

乾燥肌ってどういう状態?
乾燥肌とは、肌の水分や皮脂が不足し、潤いがなくなっている状態です。
私たちの肌は表皮で覆われており、表皮の中で乾燥と最も関係があるのが表皮の一番外側にある‟角質層"です。
角質層が肌からの水分の蒸発を防ぎ、肌の水分を保つとともにアレルゲンなどの侵入や紫外線などの刺激から肌を守ってくれています。
しかし、何らかの原因により角質層の細胞に含まれているアミノ酸などの保湿因子や細胞間脂質が減ってしまうと、皮膚のバリア機能が低下し、水分が逃げて行ってしまします。
さらに空気が乾燥していると、肌からの水分蒸発量が増すため乾燥肌が生じやすくなります。

乾燥肌の仕組み


乾燥肌の原因は

乾燥肌を招く原因はいくつか存在します。

空気の乾燥
湿度の低下や冷房・暖房を長時間使用することにより空気が乾燥すると、肌の水分が失われやすくなります。

紫外線による外的刺激
紫外線はシミ、しわや日焼けなどの原因になるだけではなく、角質層にダメージを与え、皮膚のバリア機能を低下させるため、乾燥肌を招きやすくなります。
太陽の光が弱く、日照時間も短い2月は紫外線によるダメージは少ないと思われがちですが、実は2月は10月と同程度の紫外線量があるともいわれています。

間違ったスキンケア・入浴
タオルによるこすりすぎや、洗浄力の強すぎるものによる洗顔、メイク残り、肌に合わない化粧品を使い続けることによって皮膚がダメージを受け、皮膚のバリア機能は低下します。
さらに42度以上の高温のお湯につかることで肌から必要な油分を過剰に奪い、バリア機能が低下し、水分が外へ逃げやすくなります。

ターンオーバーの乱れ
健康な肌では皮膚の新陳代謝であるターンオーバーによって、常に新たな細胞に入れ替わり、バリア機能が保たれています。
ところがストレスや生活習慣の乱れ、栄養素の偏りなどによりターンオーバーのサイクルが乱れると、保湿因子や細胞間脂質が生成されにくくなり、肌のバリア機能が低下するため水分が外へ逃げやすくなります。


思い当たる乾燥肌の原因はありましたか。
「今は乾燥肌には悩んでいない。」という方でも、年齢とともに肌の水分や天然保湿因子や細胞間脂質は減少する傾向があります。
早いうちから乾燥への対策を行うことが大切です。

次週は、乾燥肌への対処法をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。





この記事を書いた人

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)

いつも笑顔がトレードマークの元気娘!楽しいこと大好き!健康力、美容力アップのため日々勉強中♪

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ