あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

毎日健康!!いきいきだより

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

熱中症を予防して快適に過ごそう!

熱中症を予防して快適に過ごそう!
梅雨があけると夏本番。連日厳しい暑さになることもめずらしくありません。
特にここ数年、猛暑の夏が続き、熱中症の危険性が高まっているようです。

そこで、少しでも快適に過ごせるように、服の素材にも気をつけてみませんか?

そもそも熱中症は、体温が必要以上に上がることで体内のバランスがくずれ、様々な症状を引き起こす病気。
私たちは汗をかくことで体にたまった熱を逃がし体温調節をはかっていますが、これがうまくいかないと熱を逃がすことができず、
体にたまって体温が必要以上に上がり熱中症になってしまうのです。
そのため体に入る熱を遮ることと、「体の熱を逃がしやすくする」ことがポイントといわれています。

綿とポリエステルのイメージ画像 それでは、「綿」と「ポリエステル」では、どちらが熱を逃がしやすいと思いますか?

夏はよく汗をかくので、綿素材の服の方が良いと思われがちなのですが、一概にそうとも言えないようです。
綿は確かに汗をよく吸収します。しかし、その汗が繊維にしみ込み、それが気温によって温められることで熱がたまりやすくなるそうです。
その点、ポリエステルは汗をよく吸収するけれど、繊維の構造上水分を保持しにくくなっているので乾きやすいのだとか。

汗をたくさんかくようなときは、綿よりもポリエステル素材の服を選んだ方がよいかもしれませんね。
ただし、同じ素材でも汗のかき方や個人差で熱の感じ方は変わります。

その日の過ごし方に合った服を選んで、暑い夏を乗りきってくださいね!

この記事を書いた人

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)

いつも笑顔がトレードマークの元気娘!楽しいこと大好き!健康力、美容力アップのため日々勉強中♪

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ