あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

ひらのっちの「栄養素って何なのさ?」

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

知らなきゃ損!酸味のパワーで秋の味覚をより美味しく食べましょう♪

知らなきゃ損!酸味のパワーで秋の味覚をより美味しく食べましょう♪

さわやかな秋晴れの日が続き、絶好の行楽シーズンになりました。
9月は秋の味覚をご紹介していますが、秋刀魚は、薬味と一緒に食べるとより美味しさが増しますよね。
今回は、秋の薬味、「すだち」「かぼす」についてご紹介いたします。

■すだち・かぼすの違いとは?
一見、形も色もそっくりなすだちとかぼすですが、この2つの違いはご存じでしょうか?
すだちとかぼすの一番の違いは「大きさ」です!すだちは、ゴルフボールほどの小ささで、かぼすは一回り大きくテニスボールほどの大きさで、重さも3倍ほど違うんですよ。
味についてはそれほど変わりありませんが、「香りのすだち・酸味のかぼす」といわれています。すだちは小さいので半分に切って焼き魚に添えられたり、輪切りにしてうどんのトッピングにすることで香りと見た目を楽しむことも多いですね。かぼすはさわやかな酸味が強いため、ポン酢などに使用されることが多いです。

■すだち・かぼすに含まれる栄養素
すだち・かぼすともに、クエン酸・ビタミンCが豊富です。すだち・かぼすを摂ることでエネルギーの産生を助け、疲労の原因物質である乳酸を代謝し、疲労回復に役立ちます。

また、かぼす・すだちは皮にも栄養素が含まれ、香りも良く、汁物や焼き物などに皮を削って使うこともできます。
毎回絞ったり削ったりするのが面倒...という方は、しぼり汁や削った皮を冷凍しておきましょう。風味も損なわず、便利に使うことができます。

■食べるだけじゃない!まだまだ使える絞りかす
かぼす・すだちのしぼった後や食べた後に残ったすだち・かぼすをみなさんはどうしていますか?そのまま捨ててしまうのはもったいない!
かぼす・すだちの皮には、精油成分が含まれていますので、ネットなどに入れてぜひお風呂に入れて楽しんでみてくださいね♪

温泉に入る動物の写真

お肌がすべすべになり、香りで心が癒されますよ。
いつもの料理に少し足すだけで、味に深みを出してくれるすだちとかぼす。ぜひこの時季に、旬を美味しく味わってくださいね。

●すだち・かぼすのレシピはこちら>[かぼすとすだちで自家製ポン酢]
●かぼすについて詳しくはこちら>[カボスの成分情報]

この記事を書いた人

平野綾希(管理栄養士)

通称 ひらのっち。管理栄養士の資格を持ち、料理が大好き!最近はパン作りにハマる家庭的女子。

平野綾希(管理栄養士)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ