あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

ひらのっちの「栄養素って何なのさ?」

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

夏野菜で元気に夏を過ごそう!

夏野菜で元気に夏を過ごそう!


夏バテ対策に気をつけた方がいいことがあるのはわかるんだけど、スーパーでどうやって食材を選んだらよいかイマイチわからない...という方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんなときに手にとってほしい夏野菜とその栄養素について紹介します。

カラフル夏野菜選ぼう!

赤、黄、緑など、カラフルな野菜にはビタミンをはじめとする様々な栄養素が豊富に含まれています。
トマト、とうもろこし、かぼちゃ、きゅうり、ピーマンなどなど...。
生でさっぱり食べられるサラダにしたり、夏野菜をたっぷり入れたカレーなど、スーパーで悩んだときはカラフルな夏野菜を使った料理をイメージしてみてもよいでしょう。


■夏にぴったりな栄養素って?
夏野菜にはどんな栄養素が含まれているのでしょうか。
今回は赤、黄、緑の野菜からひとつずつピックアップして紹介します。


夏野菜

トマト

酸味成分であるクエン酸リンゴ酸には、食欲増進や疲労回復をサポートしてくれる働きがあります。
また真っ赤なトマトにはリコピンが豊富に含まれており、紫外線ダメージから肌を守る効果も期待されています。

とうもろこし
とうもろこしには疲労回復に欠かせないビタミンB1が含まれています。
また、糖質が多く含まれているため他の野菜に比べるとカロリーが高く、食欲がないときのエネルギー補給にも向いています。

ピーマン

ピーマンにはビタミンCが豊富に含まれ、美容効果や疲労回復効果が期待できます。
また、ピーマンに含まれるビタミンPは熱で壊れやすいビタミンCを守ってくれ、さらにその働きをサポートしてくれるのです。

*******

▼夏におすすめの野菜はこちら
>>[トマトの成分情報]
>>[とうもろこしの成分情報]
>>[ピーマンの成分情報]

この記事を書いた人

平野綾希(管理栄養士)

通称 ひらのっち。管理栄養士の資格を持ち、料理が大好き!最近はパン作りにハマる家庭的女子。

平野綾希(管理栄養士)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ