次代への健康物語 わかさ生活次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

ひらのっちの「栄養素って何なのさ?」

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

「赤い宝石」ともよばれるさくらんぼには女性に嬉しい働きが!

「赤い宝石」ともよばれるさくらんぼには女性に嬉しい働きが!

夏を思わせる気温が続いていますね。
夏が旬の食材はたくさんありますが、今回は日本では初夏を告げる果物として大人気の「さくらんぼ」についてご紹介します。


■さくらんぼってどんな果物?

程よい甘味と酸味が楽しめるさくらんぼの小さい果実の中には、ビタミンやミネラル、特に鉄と葉酸が豊富に含まれています。また、さくらんぼの特徴的な赤い色は、ポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれているため特徴的な赤い色をしているのです。



■女性に嬉しいさくらんぼの働き

鉄と葉酸には、貧血を予防する働きがあります。またアントシアニンには強い抗酸化作用があり、美肌に導く働きも期待できます

さくらんぼの写真


■アメリカンチェリーとさくらんぼの違い

アメリカンチェリーは日本のさくらんぼとは異なり、大粒で酸味が少なく果肉まで赤紫色をしています。
中まで濃い赤紫色をしているのは、アントシアニンが豊富に含まれているからなのです。

さくらんぼは、一日の寒暖差が激しい場所で育つと甘味が増すといわれています。そのため、日本では産地が限られており、栽培に手間がかかるため、「赤い宝石」と呼ばれるほど高価な果物とされています。 女性に嬉しい栄養素がたっぷり入ったさくらんぼで、ぜひ味覚から初夏を楽しんでみてくださいね。

●さくらんぼについて詳しくはこちら>[さくらんぼの成分情報]

この記事を書いた人

平野綾希(管理栄養士)

通称 ひらのっち。管理栄養士の資格を持ち、料理が大好き!最近はパン作りにハマる家庭的女子。

平野綾希(管理栄養士)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ