あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活
  • ブルーベリートップ
  • 育てる
  • 健康・効能
  • レシピ
  • ブルーベリーの可能性
  • ブルーベリー狩り
  • ビルベリーの故郷
  • 我が家で楽しむブルーベリー栽培

    育て方のポイント出典:玉田孝人・福田俊 共著『育てて楽しむブルーベリー12か月』,創森社

    • 品種の選び方
    • 鉢替え
    • 施肥
    • 水やり
    • 剪定
    • 追肥
    • 接ぎ木
    • 挿し木
    • 収穫

    品種の選び方

    ブルーベリーは、鉢植えでも庭植えでも、全国各地で育てることができます。
    各地の気候や特性に合った品種を選びましょう。

    どんな品種を選べばいい?

    ブルーベリーは種類と品種を選べば、北海道から沖縄まで、全国で育てることができます。そのためには、まず地域の気象条件を把握し、そのうえで品種を選択するのが良いでしょう。関東地域には適した品種でも、北海道では栽培できないこともあるからです。

    地域によって適した品種はある?

    ブルーベリーのタイプおよび品種によって気温に対する適応性(低温要求性、および耐寒性)が異なります。北海道および東北地方、本州中部の標高の高い地域は、冬季の低温が厳しいため、耐寒性が強いノーザンハイブッシュが適しています。
    関東北部から東海、近畿、北陸、中国、四国、九州南部までは、冬期が比較的温暖であるため、ノーザンハイブッシュサザンハイブッシュおよびラビットアイの3つのタイプを育てることができます。

    トップハットの鉢植え

    樹の大きさはどれぐらいがいい?

    家庭で育てる場合、樹形(成木樹の大きさ)は鉢を置く場所の広さ、あるいは庭の広さに合ったものを選びましょう。狭いところに大型品種を植えつけた(置いた)場合には、隣接する他の植物や物とぶつかり合うことがあります。
    鉢植えにすすめられる品種は、小型で扱いやすく樹姿が美しいもので、ハーフハイブッシュのトップハットやチッペワ、サザンハイブッシュのサンシャインブルーやケープフェアー、ラビットアイではティフブルーなどが挙げられます。

  • ブルーベリートップ
  • 育てる
  • 健康・効能
  • レシピ
  • ブルーベリーの可能性
  • ブルーベリー狩り
  • ビルベリーの故郷
  • TOP