わかさ生活
  • ルテイントップ
  • 健康・効能
  • レシピ
  • ルテインの健康・効能

    体内に存在する栄養素「ルテイン」

    ルテインは、人間の体の中では、主に目の中の黄斑部という太陽光などの光を受け止める部分やその光の通り道にある水晶体というところなどに多く存在していますが目だけなく、皮膚や乳房、大腸などといった体のあちこちに存在している「カロテノイド」という栄養素の一種です。
    ルテインは体内で作られないため、普段からカロテノイドが豊富に含まれた食品を食べることが大切です。
    食べ物からルテインなどのカロテノイドを摂ることにより、しっかりと体内にルテインを蓄積することが明らかになっています。
    まだ、ルテインは人間の血液中に存在する食べ物から摂ることができるカロテノイドの中で、もっとも含まれている量が多いことがわかっています。

    目とルテインの密接な関係

    人間の体の中で目は唯一外に露出している臓器であるといわれています。まぶたを開けている間、目は休むことなく働き続けています。
    光には紫外線を含む日光や、蛍光灯、スマートフォン、パソコン、テレビなどから発生する青色の光(ブルーライト)などがあり、目の疲れなどの原因である活性酸素を過剰に発生させる原因となります。光の中でも、青色の光はさまざまな色の光の中でも特に力の強い光といわれています。
    目の細胞に与えるダメージもとても大きいため、現代人の目は常にダメージを受けているといえます。

    黄斑部や水晶体に存在しているルテインは、有害な光(紫外線やブルーライト)によって発生する活性酸素を除去し、ブルーライトをブロックする働きがあります。

    「ルテイン」は天然のサングラス!

    ルテインは、「天然のサングラス」ともよばれています。
    有害な光が目に入らないように、外から目を守るためにサングラスをかけますが、ルテインは内側から目を守る働きがあるため、「天然のサングラス」といわれています。
    夏場だけでなく、一年中紫外線は存在していますので一年を通じて紫外線対策をするほうがよいとされています。

    スポーツにもルテイン

    スポーツ選手にとっても、ルテインは大切な栄養素です。
    目の網膜は脳と一緒に形成され、視神経を通じて脳につながっています。網膜の黄斑部の色素が濃くなると、信号が網膜から脳に伝わるスピードが早くなり、反応速度が短縮されることが研究によって裏づけられています。
    また、黄斑部の密度を高めることにより、コントラスト感度(はっきりとした輪郭を持たず、しかも濃淡のはっきりしない模様を識別できる能力)を改善できることがわかっています。
    コントラスト感度が高まることにより、暗い場所での視力が高まるの

    で、薄明かりの中でより細かく鮮明な形を見ることができます。黄斑部の色素を濃くするためには毎日10mg以上のルテインを摂ることが勧められています。野球・サッカー・テニス・ゴルフなど、アウトドアスポーツの選手にとっては、さらに光のダメージから目を守るために、ルテインは欠かせない栄養素です。

  • ルテイントップ
  • 健康・効能
  • レシピ
  • TOP