わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • ショッピング
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【九州】 鹿児島県

霧島温泉郷〜目の湯〜(きりしまおんせんきょう)

霧島温泉郷〜目の湯〜(きりしまおんせんきょう)

坂本竜馬が新婚旅行で訪れた温泉地として有名な霧島温泉。
全国からの湯治客で賑わう霧島温泉に、霧島最古の岩風呂といわれている「目の湯」があります。

上から新燃岳、霧島温泉観光協会、硫黄谷温泉「硫黄谷庭園大浴場」、丸尾の滝

上から新燃岳、霧島温泉観光協会、硫黄谷温泉「硫黄谷庭園大浴場」、丸尾の滝

霧島温泉郷について
霧島温泉郷は標高600〜850mの霧島連山に点在する温泉地の総称で、日本神話に登場するニニギノミコトが降臨した地としても知られています。 霧島温泉郷にある宿・旅館では9種類の温泉を楽しむことができ、泉質によって効果効能も様々。霧島温泉郷の中でも硫黄谷温泉「霧島ホテル」は、正徳4(1714)年に飯田喜八によって発見され、文久元(1861)年に創業された歴史ある温泉。霧島温泉郷から湧き出る14の源泉をひき、4種類の泉質と1日約1,400万リットルの湯量を誇っています。硫黄谷温泉の硫黄谷庭園大浴場に一歩足を踏み入れると、奥行25m、深さ1.4mの大浴場が広がり、湯治客は湯船に浸かり、ひと時の時間を過ごします。硫黄谷温泉は坂本竜馬が新婚旅行で宿泊した他、犬養毅首相や与謝野鉄幹・晶子夫妻など多くの著名人も足しげく訪れました。
霧島温泉郷は温泉の他にも四季折々の景色が楽しめ、天気の良い日には鹿児島のシンボルである桜島を眺めることができます。

硫黄谷温泉「霧島ホテル」
アクセス:JR「霧島温泉」駅より車で約10km、JR「霧島神宮」駅より車で約14km
【住所】鹿児島県霧島市牧園町高千穂3948番地
【お問い合せ】0995-78-2121
【入浴時間】5:00〜9:00、11:00〜24:00(ご宿泊の方)、11:00〜17:00(日帰り入浴の方)
【利用料金(日帰り入浴)】大人1,000円/子ども(3歳〜12歳)500円
※硫黄谷庭園大浴場は混浴ですが、19:30〜22:00は女性専用の時間です。

霧島最古の岩風呂「目の湯」
霧島温泉郷の中心部(丸尾温泉)からゆるやかな坂道を上っていくと、自然探勝路の入口が見えてきます。自然探勝路を歩いて約1分のところに、霧島最古の岩風呂といわれる「目の湯」があります。
霧島最古の岩風呂「目の湯」は、岩の底から自然に湧き出た無色透明の野湯。古来より目に良い温泉として知られていたことから、「目の湯」と名付けられたといわれています。温泉の温度は気候によって左右され、夏の暑い日には温度が高く、冬はぬるめの湯温なのだとか。
また「目の湯」のすぐ横に湯気を上げて流れる川があり、無色透明の目の湯と異なり、湯煙のように白く濁っています。この川の上流には勢いよく湯煙を噴出する硫黄谷の噴気帯があり、その硫黄を含んだ土が流れているため、白く濁っているのだそうです。

※「目の湯」は無人の温泉です。入浴することはできますが、
近くに脱衣所等がないため、貴重品などの管理は各自で行ってください。
※古くより、目に良い温泉として伝えられていますが、科学的な根拠はありません。
「目の湯」で目を洗うことは控えてください。

温泉と四季折々の風景を堪能することができる霧島温泉郷。
温泉でゆったりした後は、霧島最古の岩風呂「目の湯」を覗いてみてはいかがでしょうか。

更新日:2014年06月27日

アクセス 硫黄谷温泉「霧島ホテル」JR「霧島温泉」駅より車で約20分
住所 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3948番地
お問い合せ 0995-78-2115
URL http://kirishimakankou.com/
備考 霧島最古の岩風呂「目の湯」は中心部から車で約2〜3分です。
印刷する

近くの目のご利益スポット

地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る