わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • 商品一覧
  • お買得コーナー
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【近畿】 京都府

神光院(じんこういん)

神光院(じんこういん)

京都市北区にある「神光院」。 地域の方から「西賀茂の弘法さん」の名称で親しまれ、眼病祈願の信仰を集めています。今回は「神光院」をご紹介します。

神光院について
神光院は、1217(建保5)年に上賀茂神社の神職の神託により、大和国(現在の奈良県)から僧侶・慶円(けいえん)を招いて創建されました。そして真言宗弘法大師の霊場でもあることから、東寺、仁和寺と共に京都三大弘法として有名なお寺です。 弘法大師は42歳の時、ここ神光院で90日間の修行を行いました。修行を終えて寺を離れる時に人々との別れを惜しみ、「私を信じる者は老若男女を問わず、諸病災厄を免れるであろう」と言い、境内の池に映る自分の姿を見て木像を彫ったことで、厄除けの寺としても広く知られるようになりました。この弘法大師が自ら彫った木像は本堂に安置されています。 また神光院は昔、京都御所に奉納する瓦職人の宿に使われており、「瓦屋寺」とも呼ばれていました。 その他境内には、明治時代の女流歌人である大田垣蓮月尼(おおたがきれんげつに)が晩年を過ごした茶所があり、彼女の歌碑も建てられています。

目にご利益がある神光院
神光院は厄除けにご利益があるお寺として有名ですが、眼病祈願に訪れる人も絶えませんでした。 それは、弘法大師が修行中、眼病治癒のご祈祷をしていたことから、眼病にご利益のあるお寺として広く知られるようになったそうです。さらに弘法大師は中国に渡った時に漢方薬についても学んで薬をつくり、あらゆる病を治したといわれています。ここ神光院でも、昔、弘法大師がつくったとされる「がんじ」という薬を眼病祈願で訪れた人に渡していたそうです。「がんじ」を飲むと目の病が治ったとされ、「がんじ」を求めて眼病祈願に訪れる人が増えたのだとか。現在は「がんじ」ではなく、「御符(ごふ)」と呼ばれるお菓子に眼病の御祈祷をしているそうです。

また7月に行われる、きゅうりへ病苦を封じる疫病除け「きゅうり封じ」のご祈祷も有名です。眼病にお悩みの方、そして厄病・厄除けのご祈祷を受けたい方は神光院を訪れてみてはいかがでしょうか。

更新日:2014年06月27日

アクセス 京都市営バス「神光院前」下車 徒歩約3分
住所 京都府京都市北区西賀茂神光院町120
お問い合せ 075-491-4375
備考 【拝観料】無料【拝観時間】7:00〜17:00(無休)
印刷する

近くの目のご利益スポット

地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る