わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • ショッピング
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【四国】 高知県

延光寺(えんこうじ)

延光寺(えんこうじ)

高知県の南西部に位置する宿毛市は、釣りやマリンスポーツなど海のレジャーが楽しめるスポットです。宿毛市の四国八十八ヵ所第39番札所「延光寺」に、弘法大師が湧き出させたという『目洗い井戸』があります。
今回は、延光寺をご紹介します。

本堂

本堂

延光寺について
土佐路最西端にある四国八十八ヵ所第39番札所「延光寺」。
延光寺は神亀元(724)年に聖武天皇の勅願により、行基菩薩が厄除けと安産を祈願して刻んだ薬師如来像をご本尊とし、本坊のほか十二坊を建立したことが始まりといわれています。
境内には、梵鐘を背負った赤い亀の像があります。なぜ赤亀の像があるのかというと…
竜宮に棲んでいた赤亀が、竜宮城からの奉納といわれている梵鐘を背負って戻ってきたといわれています。僧侶たちはその梵鐘をお寺に奉納しました。もともと「亀鶴山施薬院宝光寺」と称されていましたが、赤亀が梵鐘を背負ってきたことにちなんで、「赤亀山延光寺」と改名されました。この梵鐘には「延喜11(911)年正月…」と刻まれ、また高さ33.6センチメートル、口径23センチメートルと小さい梵鐘ですが、国の重要文化財にも指定されています。
目洗い井戸

目洗い井戸

目洗い井戸
弘法大師がこの地を訪れたのは、延暦年年のこと。
弘法大師は延光寺を桓武天皇の勅願所として再興され、日光・月光菩薩像を刻んで安置し、七堂伽藍を整え、四国八十八ヵ所巡礼の第39番札所と定めました。
また、村人たちが水不足で苦しんでいることを知った弘法大師は、錫杖(しゃくじょう)で地面を突いて霊水を湧き出したといわれています。弘法大師はこの霊水を「宝医水」と命名し、いつの頃からか「眼病に霊験あらたかな霊水」として知られるようになりました。
現在、宝医水は「目洗い井戸」と称され、この霊水で目を洗って眼病平癒を願う人々が後を絶ちません。

「目洗い井戸」のお水は持ち帰ることもできるため、ご家族の方やご参拝できない方のためにペットボトルにお水を入れて持ち帰る方も多くいらっしゃるのだとか。
延光寺を訪れた際は、「目洗い井戸」のお水で目を清めてみてはいかがでしょうか。

更新日:2014年12月04日

アクセス 土佐くろしお鉄道「平田」駅より車で約7分(徒歩約31分)
住所 高知県宿毛市平田町中山390
お問い合せ 0880-66-0225
備考 【拝観料】無料 【参拝時間】7:00〜17:00
印刷する

近くの目のご利益スポット

地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る