あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

養源院(ようげんいん)

戦国一、数奇な運命をたどったといわれている浅井三姉妹。
ここ養源院は、三姉妹のうち2人とゆかりのある人物の菩提が弔われている寺院です。
今回は、養源院についてご紹介します。

養源院の写真

浅井家ゆかりの養源院

養源院は、文禄3(1594)年に浅井長政の長女・茶々(淀殿)が、父の菩提を弔うために、21回法要の時に夫である豊臣秀吉に願って創建した寺院です。寺号の「養源院」は、長政の法名から付けられました。

25年後の元和5(1619)年に落雷にあい、寺院は焼失しますが、2代将軍徳川秀忠の正室となった三女・お江(法名:崇源院)によって再興されました。現在の本堂はお江によって再建されたものです。

こちらには、創建者の淀殿、再建者のお江の肖像画、そして日本史の教科書でよく目にする豊臣秀頼の肖像画があります。特に、お江の肖像画はここでしか見ることができません。

お江の肖像画の写真

「菊」「葵」「桐」の紋

お江によって再興された後、養源院は徳川家の菩提所となり、2代将軍秀忠から14代将軍家茂までの位牌が安置されています。お江と秀忠の位牌をよく見ると、「菊」「葵」「桐」の3つの紋があります。3つの紋を拝見できる寺院は日本でここだけ。

「菊」は天皇家の紋で、お江と秀忠の子、和子が後水尾天皇のもとに入内したことからつけられています。さらに「葵」は歴代の位牌がまつられている徳川家の紋、「桐」は養源院を建立した豊臣家の紋。養源院の創建・復興に尽力した人物たちの家紋を見ることができます。

境内のみどころ

【血天井】

養源院は伏見城の「中の御殿」から移築されたものが、今の本堂です。
本堂の天井を見上げてみると、血で染められた跡があります。

この天井は「血天井」といわれ、慶弔5(1600)年に徳川家の陣であった伏見城に、約4万もの兵士を引き連れてきた豊臣方の軍勢に破れ、約2,000人いた徳川方の軍は380人余までに減少。
伏見城を守っていた武将・鳥居元忠を筆頭に残った兵士は「中の御殿」に集まって自刃し、伏見城は落城しました。

その後、養源院再興の際に元忠らの菩提を弔うため、床板は天井に上げられました。本堂の天井では380余人兵士の血痕や、元忠が自害した場所といわれる跡がくっきりと残されています。

血天井の写真

【江戸の有名絵師・俵屋宗達の絵画】

安土桃山・江戸期には狩野派の画家が寺院やお城の襖絵を描くことが多く、養源院にも狩野山楽が描いた襖絵が残されていますが、当時無名だった俵屋宗達が認められるきっかけとなった奇抜で斬新な絵が多く残されています。

特に『白象図』や『唐獅子図』は、現代の3D技術にも匹敵するといわれるほど、杉戸の中から今にも白象と唐獅子が飛び出してくるかのような技法で描かれています。

俵屋宗達の絵画の写真

【うぐいす張りの廊下】

本堂の廊下を歩くと、うぐいすの鳴き声のような音がすることから、「うぐいす張りの廊下」と呼ばれています。この廊下は、江戸時代初期に活躍した伝説の彫刻職人・左甚五郎の作品といわれ、ゆっくり歩くほど音が出やすいのだとか。

また、本堂の障壁には寛永元(1624)年に京都で創業した、日本で唯一現存する唐紙屋「唐長(からちょう)」の唐紙が使用され、最近一部新調されました。

養源院の四季

ここ養源院では、四季折々の風景も楽しむことができます。
本堂の東には、江戸時代の作庭師・小堀遠州守政一が山連峰の阿弥陀ケ峯を遠景とした庭園が広がり、季節によって様々な花木を楽しむことができます。
特におすすめの季節は、春と秋。

春は本堂を覆うように紅八重枝垂桜が咲き乱れ、秋になると参道が紅葉で紅く染められます。多くの参拝客が、四季によって移り変わる養源院の見事な景色を鑑賞しようと訪れます。

小堀遠州作池庭の写真

浅井家とゆかりの深い養源院。
浅井家の歴史を知るとともに、養源院の歴史や四季折々の景色に触れてみてはいかがでしょうか。

【養源院(ようげんいん)】
  • 拝観時間:9:00~16:00
  • 拝観料:500円
  • お問い合せ:075-561-3887
  • 所在地:京都市東山区三十三間堂廻り町656
  • アクセス: 市バス「博物館三十三間堂前」「東山七条」下車 徒歩約3分
    京阪電車「七条」下車 徒歩約7分
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
ページトップへ