あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

京の伝統工芸 竹笹堂(たけざさどう)

木版摺り(もくはんずり)写真

現代では機械による印刷が主流となっていますが、昔は版木(はんぎ)に文字や絵を彫って、それを紙に摺っていました。
竹笹堂さんは、昔ながらのこの木版摺り(もくはんずり)を行っているお店。お店の工房では、ひとつひとつ手作業で木版摺りが行われています。
今回は、竹笹堂さんをインタビュー!

五代目 竹中 健司様

竹笹堂さんについて教えてください。

うちは、明治24(1891)年に創業し、はじめは摺りの工房として店をスタートさせました。
私で5代目となりますが、代々受け継がれてきた技術を継承しながら、版画、浮世絵、ご注文商品、ブックカバーやしおり、絵はがきなどのステーショナリーの制作、木版インテリアなど、昔からのものから、現代の生活様式にも取り入れられるようなものまで、幅広い作品・商品を手掛けています。
築100年の町家を店舗とし、1階が販売スペース、2階が工房となっています。

木版印刷のはじまりを教えていただけますか。

木版印刷は、現代の印刷文化の原点です。
その歴史は古く、日本では仏教と共に、朝鮮半島の百済(くだら)から文字を彫って墨で色付けした文字木版(経文木版)が伝わったのがはじまりといわれています。当初単色だった木版印刷は、江戸時代に庶民の間で浮世絵が流行すると、多彩で鮮やかな色が使われるようになりました。
さらに時代を経て、手摺りの木版印刷から、現在、お馴染みの機械印刷が浸透していきました。

木版摺りはどのようにしてできあがるのでしょうか。

木版画は下絵を描く人、下絵を版木に彫る人、そして摺る人の3人によって手作業で制作していきます。
江戸時代から続くそれぞれの工程の伝統を継承した熟練の職人さん達の技が1つの作品となってできあがります。
基本的には分業で行いますが、最近では一人ですべての工程を行う時もあります。

木版摺り(もくはんずり)の様子の写真

木版印刷の魅力、こだわりについて教えていただけますか。

構図と色合いを無限に引き出せることが魅力ですね。
すべて手作業で行いますので、機械印刷では出せない人のぬくもりがあります。
またお客様から「これと同じものをつくってほしい」という依頼があれば、80~100%の割合でそれに近いものをつくることができます。
100%に近い作品をつくり、他者には真似できない技を磨き上げること、それこそがこの道に生きる職人の技だと思っています。

また作品は飾るもの、商品は使うものと別の意味があります。作品をつくる時は、作品のつくり手側にも喜びがあり、見る人にも喜びと共感が得られるようなものをつくりたい。
そしてブックカバーやしおり、ポストカードなどの商品をつくる時は、お客様に提供やもてなしができるもの、商品を見て「あっ」と驚かれるものをつくっていきたい、そんな気持ちで木版づくりに励んでいます。

いろんな作品・商品を手掛けられていますが、デザインが尽きることはないのでしょうか。

デザインが尽きることはないですね。自分の中にたくさんのアイディアが浮かんできます。
死ぬまでにそれら全てを作品・商品として世の中に出すことはできないと思います(笑)。
それぐらい形にしたいデザインがあり、アイディアには困ったことがないですね。

商品の写真

海外でもご活躍されているそうですね。そのきっかけを教えてください。

10年ほど前から、海外にも活動の場を広げています。
本やホームページ、口コミをきっかけに、海外の方から声が掛かり、展示会を開催したりして木版の注文も増えてきました。
特に水彩木版画は日本独自の美術作品なので、海外の方にとっては新鮮味があるそうです。
声を掛けてもらった以上は、よりいい作品をつくって披露したいと思っています。

今後、何か展開を考えていらっしゃいますか。

海外とのつながりも増えていますので、世界中の美術館とのネットワークを築き上げ、木版の本質や日本の美術についての正しい知識を伝えていきたいと思います。
本やメディアを通じて海外にも日本の美術が伝えられていますが、間違った知識が浸透している場合もあります。
正しい日本の知識を伝え、さらには海外の文化も学んでいきたいと思います。

お店では木版画制作の体験教室(要予約)も行われています。
木版と触れることが少なくなった現代。
手摺りのぬくもりを感じに、お店に訪れてみてはいかがでしょうか。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【竹笹堂(たけざさどう)】

【営業時間】13:00~18:00

【定休日】日曜日・祝日

【お問い合せ】075-353-8585

【URL】http://www.takezasa.co.jp/

【体験教室】
毎火曜、第1・3土曜日 14:00~16:00(要予約)、料金3,000円(税込)

【住所】
京都市下京区綾小路通西洞院東入る新釜座町737

【アクセス】
▾京都市バス「四条西洞院」下車 徒歩約3分
京都市営地下鉄「四条」駅・阪急電車「烏丸」駅下車 徒

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
ページトップへ