あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

毎日健康!!いきいきだより

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

疲れたカラダにぴったり♪大根と牡蠣のレシピ

寒い日が続くと、鍋料理の出番が多くなりませんか。
材料は肉類、魚介類、野菜に豆腐...と様々。
出汁も、シンプルな昆布だしから、味噌、トマト、韓国風などその日の気分で変えることもできるのでメニューに悩んだら鍋にしようと思う方も多いのではないでしょうか。

今日は冬に美味しくなる牡蠣とたっぷりの大根を使ったみぞれ鍋を紹介します。


牡蠣のみぞれ鍋 ♪牡蠣のみぞれ鍋♪
●材料
・生牡蠣 400~500g
・しめじ 2パック(約300g)
・白ネギ 2本
・水菜 1束

<調味料>
・出汁 600cc
・酒 100cc
・みりん 50cc
・塩 大さじ1
・薄口しょうゆ 大さじ1

<付けダレ>
・ポン酢 適量
・一味唐辛子 お好みで

●作り方
①生牡蠣は洗って水気をふき、片栗粉を薄くまぶしておく
②大根は皮つきのまますりおろし、ザルに上げて汁気をきる(汁もとっておく)
③しめじは石づきを取って、食べやすい大きさにほぐしておく
④白ネギは1cmくらいの斜め切り、水菜は洗って5cm程度に切っておく
⑤鍋に大根の汁と<調味料>を入れて火にかける
⑥煮立ったら生牡蠣、しめじ、白ネギ、水菜を入れ、材料に火が通ったらポン酢につけて食べる

大根には消化を助けるアミラーゼが豊富に含まれており、胃腸の機能を高める働きがあります。
また牡蠣には肝機能を高める働きがあるタウリンが含まれるため、年末年始のご馳走続きで疲れたカラダには嬉しい組み合わせです。

牡蠣が苦手な方には豚肉や鶏のつくねでつくるのもおススメです。
お好みの食材を使って、ぜひお試しください♪

●ひらのっちの「栄養素って何なのさ?」[お疲れ気味の胃腸を助ける大根の魅力]も併せてご覧ください♪

七草がゆ

この記事を書いた人

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)

いつも笑顔がトレードマークの元気娘!楽しいこと大好き!健康力、美容力アップのため日々勉強中♪

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ