あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

毎日健康!!いきいきだより

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

かぼすとすだちで自家製ポン酢

料理の名脇役、かぼすとすだちが美味しくなる季節。
柑橘系のさわやかな味と香りは焼き魚にそのままかけたり、鍋料理の薬味などでもよく使われますが、今年は少し時間をかけて自家製ポン酢を作ってみてはいかがでしょう。

♪自家製ポン酢♪

●材料
・醤油
・柑橘果汁
・みりん
※割合は醤油5:柑橘果汁5:みりん1.5~2を目安に。
・かつお節
・昆布
※かつお節も昆布もお好みで、たっぷり入れると美味しくなりますが、今回作った分量を参考にしてくださいね。

●つくり方
①柑橘(かぼす/すだち)は果汁を絞って種は取り除いておきます。
②ボウルに醤油200cc+柑橘果汁200cc+みりん80ccとかつお節24g、昆布5cm角を入れ、冷蔵後に入れて24時間置きます。
③24時間たったら、昆布、かつお節を取り出し中身を濾します。
④濾したポン酢を瓶に移し、冷蔵庫で保存します。(常温保存はできません)

ここまでは時間もかからず意外と簡単ですよね。

ここからが、ポイント!
冷蔵庫で寝かせてください。
寝かせることで柑橘類のカドがとれて、まろやかな味になるんです。
3ヶ月以上寝かせると実にまろやかに!
待ちきれないという方は、少し酸味の利いた状態を味わって、3ヶ月後に味比べをしてみるのもいいかもしれませんね。

また、かぼすやすだちは酸味の違いがあるので、みりんで調整してくださいね。
かつお節や昆布も産地や種類によって味のちがいがあります。
ぜひ、ご家庭の味を作ってみてください。
今年はいつもの鍋料理が一味ちがうものになるかもしれませんよ。

この記事を書いた人

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)

いつも笑顔がトレードマークの元気娘!楽しいこと大好き!健康力、美容力アップのため日々勉強中♪

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ