わかさ生活知恵袋

eye salon ‐アイサロン‐

ブルーベリーで草木染め

皆さんは「草木染め」という布を染める方法をご存じでしょうか?

この布の染め方、おうちで簡単に出来るんです!
少し時間はかかりますが、材料も少なく工程も複雑なものは無いので親子で気軽に体験できます。
今回はブルーベリーと玉ねぎを使って色を3色作っていきます。
ぜひ「色で遊ぶ」体験を夏休みの自由研究にされてみてはいかがでしょうか。
方法はYouTubeに上げた動画をご覧ください!

photo_01.png


~準備するもの(15㎝×20㎝ 6枚分)~


・染めたい布 (綿・麻・レーヨン・絹・ウール) 
 ※化学繊維は染まりにくいです
・ブルーベリー(冷凍でOK)    200g
・植物性石鹼または中性洗剤    適量
・水               適量
・牛乳または豆乳         布がきちんと浸るくらいの量
・玉ねぎの皮           茶色い皮(1玉分)
・焼きミョウバン         小さじ1杯  
 ※ミョウバンはスーパーのお漬物コーナーか薬局に売っています。
・重曹              5%の水溶液になる分量(目安:溶液が500㎖なら水が475㎖、重曹は25g)
・ガーゼまたはサラシ       1枚
・鍋 (ホーローかステンレス) 
 ※ホーローにひび割れがあるとそこに色素が染まってしまいます。
 ※また、アルミ鍋や鉄鍋、銅鍋を使うと、金属が液に混じって媒染に影響します。

~やり方~


早速始めましょう。今回は綿と絹の2種類を3色に染めて染まり方の違いを比較します。
3色の布を作るので色ごとに必要な工程が分かるように()でそれぞれの色を記載しています。

①全ての染める布を植物性の石鹸で洗います。(
・布についている汚れや油、のりを落としておかないと染め上がりにムラが出来てしまうのでしっかり洗いましょう。
・まんべんなく洗えたら水ですすぎます。
※染料がうまく入るようにしっかりすすいで下さいね。

②しっかり絞った綿の布のみ牛乳か豆乳に1時間漬け置きします。(
・人工的に布をタンパク質処理します。(牛乳でも豆乳でもどちらでも構いません。)
※この工程はタンパク質をもっていない植物性の繊維(綿・麻・レーヨン)のみ必要な作業になります。
※動物性の繊維(絹・ウール)はもともとタンパク質が含まれているのでこの工程は行いません。

③牛乳か豆乳に漬け置きしていた布をサッと水ですすぎます。(
・ここですすぎ過ぎると漬け置きした意味が無くなってしまうので注意!

☆タンパク質処理というのは布を染めるために必要な処理です。
「布が染まる」ということは、布の繊維の中に染料の色素がもぐりこみ、繊維のタンパク質と色素がしっかり結びつくことです。
繊維の表面に色素がくっついているだけだと、洗ったりこすったりしたときに、色素はすぐに落ちてしまいます。
絹は、蚕(=生き物)からできているので、動物性タンパク質がもともと含まれています。
そのため染まりやすいのですが、綿や麻は植物からできているので、そのままでは染まりません。
そこで牛乳や豆乳などタンパク質のものを布に染み込ませて、色素をくっつきやすくします。
この工程をタンパク質処理といいます。

④鍋に水とミョウバンを入れ透明になるまで火にかけ、ミョウバン液を作ります。

⑤絹と牛乳に漬け終わった綿をミョウバン液に15分程漬け、水ですすぎます。(

photo_02.jpg

⑥布を漬け置いている間に染液を作りましょう。
・鍋にブルーベリーを入れます。
・そこにブルーベリーが被るくらいの水を入れ、火にかけます。
・沸騰させてから20分程弱火でゆっくり煮込んだら火からおろし、粗熱をとります。

⑦ある程度熱が冷めたらボウルに水で濡らして固く絞ったサラシ・ガーゼなどの漉し布をかぶせ、鍋の中身を漉します。
・煮込んだブルーベリーからも水分が出るのでカチカチにならない程度に絞り、鍋に染液を戻します。

⑧⑦に⑤の布を入れムラが出来ないよう時々かき混ぜながら20~30分煮ます。(
・ここでサボるとムラが出来るので染液から出ている部分を沈めながら上下をひっくり返したりかき混ぜたりしましょう。

⑨玉ねぎの皮をむいて水でさっと洗い、たっぷりの水で10分程煮出します。

photo_03.jpg

⑩⑧を水ですすぎます。(
 紫色の布はこの工程のあと⑯へ

⑪⑨をサラシで漉します。

⑫重曹を水に溶かし、重曹液に青色に染める分の布を10分程漬けます。(
・10分後水ですすいで⑯へ
・この工程のあと、手は綺麗に洗いましょう!
※手に重曹の成分が残っていると残りの布に触れたときに化学反応が起きてしまい綺麗に染められません。

⑬残りの布を緑色にするため玉ねぎ染色液に10分程漬けます。(
・漬け過ぎると緑色にならなくなってしまうため気を付けましょう。

⑭色が混ざらないように⑫とは別の入れ物に重曹液を作り、⑬を2分漬けます。(

⑮重曹液に漬けておいた布を水ですすぎます。(

⑯絞って陰干しして完成!(
・天日干しにしてもいいのですが、少し色落ちするかもしれません。
 それはそれでいい色になるのでお好みでお試し下さい。


~最後に~


photo_04.jpg

いかがでしょうか?繊維によって染まり方が違うのが面白いですね。

今回は綿と絹だけでしたが、麻やレーヨン、ウールなど他の繊維も試してみてください。
布マスクなどを染めてみてもいいかもしれませんね。
化学繊維のナイロンやポリエステルは染まりにくいので要注意です!
また今回、染料にはブルーベリーだけを使いましたが、ミックスベリーを使ったり、染液にお酢やクエン酸を加えて㏗の数値を変えてみるのも違いが出て面白いですよ。

ぜひ色々試して夏休みの自由研究に活かしてくださいね!

■8月はブルーベリー月間!ブルフェス特集▶

photo_05.jpg

このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする