わかさ生活知恵袋

eye salon ‐アイサロン‐

ブルーベリーマップ!

この季節、お店でよく見かけるブルーベリーの果実。
世界に何種類のブルーベリーがあるのか、皆さんはご存じでしょうか?
『ブルーベリーアイ』の原材料でもあるブルーベリーについて、お話しします。


世界のブルーベリー生産事情


photo_01.jpg

2019年『統計情報 世界のブルーベリー生産量』OREGON CHERRY GROWERS


なんと世界のブルーベリー総生産量は約102万トン!
ブルーベリーマップからもわかるように、特に北米や中国でたくさん生産されています。
多くの国や地域で生産されているので、種類が豊富なのですね。


代表的なブルーベリー


photo_02.jpgブルーベリーは大きく「ブルーベリー」と「ビルベリー」に分けることができます。
さらに「ブルーベリー」は野生種と栽培種に分けられ、野生種ブルーベリーにはローブッシュブルーベリー、栽培種ブルーベリーにはハイブッシュブルーベリー、ラビットアイブルーベリー、ノーザンハイブッシュブルーベリー、サザンハイブッシュブルーベリー、ハーフブッシュブルーベリーなどに分類され、世界中に約150種類以上もあります。

その中で、わかさ生活が商品に使用している2種類のブルーベリーをご紹介します!


北米産ブルーベリー


photo_03.jpg
北米産ブルーベリーは人の手によって育てられる栽培種と自然の中で自生している野生種の大きく2種に分けられますが、どちらも過酷な自然のもとで成長する、甘くて美味しいブルーベリーです。
生果実以外に、ジャムなどに加工しても美味しいです。

甘くておいしい北米産ブルーベリー使用!
詳しくはこちら▶ 『ブルーベリーアイCharm』


北欧産野生種ビルベリー


photo_04.jpg
「ビルベリー」は自然の中で自生している野生種で、一般的なブルーベリーよりも一回り小さい実をしています。
北欧産野生種ビルベリーは、北欧の寒さや、白夜によって浴び続ける太陽の日差しなどの厳しい自然の中で成長するので、アントシアニン量が一般的なブルーベリーの約5倍(※1)の紫色の濃いビルベリーになります。
(※1) 果汁100gあたりの換算、わかさ生活「みらい研究所」調べ

アントシアニンがたっぷり、北欧産野生種ビルベリー使用!
詳しくはこちら▶ 『ブルーベリーアイ』


ご紹介したブルーベリーだけでなく、ほかの国のブルーベリーや日本産ブルーベリーもありますので、お気に入りのブルーベリーを見つけて、楽しんでみてくださいね。

このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする