あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活あなたから始まる次代への健康物語 わかさ生活

ようこそ! ゲスト

 

こちらわかさ生活情報局

今日からはじめよう!美容ガイド

 

  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

免疫力を高める"ファイトケミカル" !

緑黄色野菜の写真


皆さん、ご体調はいかがでしょうか。
今回は前回に続き、流行のウイルスに負けないよう、免疫力を高める"ファイトケミカル" という物質についてお伝えしていきます。
◇前回の記事[免疫力を高めて流行に負けない強い身体に]はこちら◇


●"免疫力"とは
免疫とは身体に侵入してきた細菌やウイルスから身体を守る働きを言います。
様々な細菌やウイルスに対し、免疫が正常に機能している場合、免疫力が高いと言えます。

緑黄色野菜の写真


●"抗酸化作用"と"免疫"
"抗酸化作用"という言葉を耳にしたことはありませんか。
抗酸化作用とは、老化、がん、生活習慣病を招く過剰な活性酸素を除去する働きを言い、活性酸素が適切な量になることで免疫も正常に機能する、つまり免疫力が高くなると言われています。
体内に存在する酵素や、野菜・果物に含まれる栄養素・物質の抗酸化作用によって、体内の免疫は正常に保たれているのです。


●"ファイトケミカル"と"免疫"
食材に含まれる抗酸化力の強い栄養素・物質の代表として"ビタミンC"や"ビタミンE"、"ポリフェノール"があります。
ポリフェノールはお茶の成分である"カテキン"や、ブルーベリーの"アントシアニン"などが代表的です。
そして、このポリフェノールなどの総称を"ファイトケミカル"といいます。
"ファイトケミカル"とは「ファイト(phyto)=植物」「ケミカル(chemical=化学物質」と訳し、植物が紫外線や害虫から自身を守るためにつくり出す化学成分のことを言います。
多くのファイトケミカルには強い抗酸化作用があると言われています。
そのため、ファイトケミカルは過剰な活性酸素を除去し、免疫力を高める働きがあると言えます。

緑黄色野菜の写真


●"ファイトケミカル"を含む食材
これまでにもお伝えした通りお茶の成分である"カテキン"やブルーベリーの"アントシアニン"はファイトケミカルの一種です。
ファイトケミカルは野菜や果物の色素として存在することが多いため、免疫力を高めるためにはカラフルな野菜や果物を意識して取り入れることがおすすめです。
その他、ファイトケミカルを多く含む食材として以下の表にまとめてみました。
ぜひ料理の際などの参考にしてみてください。

食材 ファイトケミカル
緑茶 カテキン
紅茶 テアフラビン
ブルーベリー、ナス アントシアニン
大豆 イソフラボン
チョコレート、ココア カカオポリフェノール
トマト、スイカ リコピン
ほうれん草、ブロッコリー ルテイン


流行の風邪やウイルスに負けない強い身体をつくるためにも、抗酸化作用の強いファイトケミカルを含む食材を食べて免疫力をアップさせましょう。

ゼリー飲料で手軽にファイトケミカルを!
緑茶の"カテキン"と"テアフラビン"からできた
\"エクサージ"で流行に負けない強い身体に/ ボディリカバリーはこちら

この記事を書いた人

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)

いつも笑顔がトレードマークの元気娘!楽しいこと大好き!健康力、美容力アップのため日々勉強中♪

渡邉真生(わかさ生活サイト担当)
このページをシェアする!
  • LINEでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

オススメ記事

ページトップへ