わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • ショッピング
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【東海】 三重県

浦神社(うらじんじゃ)

浦神社(うらじんじゃ)

伊勢志摩国立公園を有し、真珠の養殖や海産物が豊富な三重県・鳥羽市。
昔から地元の漁師さん達に信仰されている浦神社に「目薬の水」といわれている湧き水があります。

浦神社について
「浦の権現さん」と地域の方から親しまれている浦神社は、明治40(1907)年に滝本社・片枝梨神社・八幡社など近隣の神社が一緒になってつくられたと伝えられています。主祭神に「安曇別之命(あづみわけのみこと)」という女性の神様がまつられています。食料がなかった時代は、安曇別之命にお参りするとお乳の出が良くなったことから、「お乳の神様」として篤く信仰されていました。
高さ百尺余り(約30m)の大きな一枚岩を御神体としている浦神社。御神体は、傾斜が急な50段の石段を上がった本殿の上にご鎮座されています。

目薬の水
浦神社の本殿の上には約3m余りの滝があり、滝を流れる水は一度も絶えたことがないといわれています。本殿の左側には祠があり、そこに古くから眼病治癒に良いといわれている湧き水があります。
「目薬の水」と呼ばれている湧き水は、その昔、湧き水を飲むと目の病がよくなるということからその名が付けられました。老眼や疲れ目など眼病治癒のために、湧き水を求めて参拝に訪れる人もいるのだとか。


海辺にひっそりと佇む浦神社。
伊勢志摩に訪れた際は、神秘に包まれた浦神社を参拝に訪れてみてはいかがでしょうか。

更新日:2014年06月27日

アクセス 鳥羽バスセンターより「かもめバス石鏡港
行き」乗車(約20分)
「今浦」下車すぐ
住所 三重県鳥羽市浦村町今浦
印刷する

近くの目のご利益スポット

地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る