わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • 商品一覧
  • お買得コーナー
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【北陸】 福井県

篠座神社(しのくらじんじゃ)

篠座神社(しのくらじんじゃ)

福井県東部に位置する大野市は、市内各所で名水が湧き出ていることから、「名水のまち」として知られています。
今回訪れた篠座神社は、神域一帯が湧水地で、境内に湧き出ている湧水は古くから「篠座目薬(しのくらめぐすり)」と呼ばれ、眼病に良い水として重宝されています。

上:拝殿、下:大己貴命神(菱川師福作)

上:拝殿、下:大己貴命神(菱川師福作)

篠座神社について
篠座神社は、養老(717)元年に修験僧の泰澄大師によって創建された古社です。泰澄(たいちょう)大師は白山を初めて登拝した人物といわれ、登拝前に大野に立ち寄り、清水が湧き流れる篠座で十日ほど過ごしたといわれています。登拝後も、再び篠座に戻ってきた泰澄大師。すると「我は大己貴命(オオナムチノミコト)なり。かかる林泉の勝地であるから、常に心を楽しませて降遊する」と、空からお告げを受けました。お告げを受けた泰澄大師は、大己貴命のお姿を刻んでご祭神として安置し、そこに祠を一つ建てました。この祠が、篠座神社の始まりといわれています。
篠座神社は戦乱により一時荒廃しましたが、戦国時代の大野城主・金森長近により再興され、その後も歴代の大野城藩主によって保護を受けてきました。
上:霊泉のご神水、中:眼御守、下:参拝方法:左目、右目の順に清めます

上:霊泉のご神水、中:眼御守、下:参拝方法:左目、右目の順に清めます

篠座目薬(しのくらめぐすり)
篠座神社の本殿横には湧水池があり、そこで湧き出る水は、霊泉「篠座目薬」として古くから眼病平癒にご利益があると知られています。なぜ、眼病平癒にご利益があるかというと…
このような伝説が残されています。
昔むかし、大国主命が竹やぶの中を歩いていたところ、竹の枝で目を突きました。大国主命はさまざまな治療を行いましたが、目は一向に良くなりませんでした。そこで『眼病で苦しむ人々のために眼病に効く霊水を湧かしたい』と思い、眼病に効く霊水を湧かしたと伝えられています。
それ以来、多くの人々が篠座神社を訪れ、眼病平癒を願ったといわれています。福井県出身の絵師・菱川師福(ひしかわもろよし:1845年〜1941年)も若い頃に不治の眼病に苦しみ、眼病快癒のために篠座神社のお参りに訪れていました。ある時、熱心にお参りをしていると、目の前に大己貴命が現れ、師福の眼病が全快したのだとか。大変喜んだ師福は、目の前に現れた大己貴命の姿を描き、その絵が篠座神社に奉納されています。師福のように篠座目薬によって眼病が快癒した人々は耐えず、その記録が篠座神社には数多く残されています。
10月10日の「目の日」には、毎年「眼の祈願祭」が行われます。

眼病平癒のために多くの人が訪れる篠座神社。
「篠座目薬」とうたわれる霊泉のご神水を手ですくい、左目、右目の順でを清めます。
「篠座目薬」で目を清められてみてはいかがでしょうか。

更新日:2016年01月29日

アクセス JR「越前大野」駅より徒歩約20分、「福井」ICより車で約35分、「福井北」ICより車で約40分、「白鳥西」ICより車で約60分
住所 福井県大野市篠座42-5
お問い合せ 0779-65-1455
URL http://shinokura.net/
備考 【拝観料】無料 【参拝時間】自由(受付時間 9:00〜17:00)
印刷する

近くの目のご利益スポット

地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る