わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • 商品一覧
  • お買得コーナー
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【北陸】 石川県

一閑寺(いっかんじ)

一閑寺(いっかんじ)

日本三名山の一つ「白山(はくさん)」を有する石川県白山市。
白山市にある一閑寺には、眼病治癒のためにつくられた日本一の高さを誇る「磨崖仏不動明王立像(まがいぶつふどうみょうおうりつぞう)」が安置されています。

本堂

本堂

一閑寺について
一閑寺は、養老元(717)年に泰澄大師(たいちょうだいし)が白山開山のおりに鶴来に立ち寄り、その際に、自然石に不動明王立像を刻み、信仰させたことが始まりといわれています。月日とともに不動明王立像は風雪にさらされ姿が薄れていきましたが、寛永8(1631)年にこの地に赴いた雲堯禅師(うんぎょうぜんじ)が、不動明王立像を覆うように堂宇を建て、一閑寺を開山されました。
天保年間(1830〜1843年)に起こった火災で堂宇や不動明王など全てを失いましたが、火災から3年3ヵ月後に再建されました。
境内には約1500年前に発見され、『鶴来人骨(つるぎじんこつ)』が安置されている「家型石棺(いえがたせっかん)」、室町時代の墓碑といわれている「板五輪(いたごりん)」、天正14(1586)年につくられた「延命地蔵」、「善光寺分身如来像」なども安置されています。
上:磨崖仏不動明王立像、中:家型石棺、下:善光寺分身如来像

上:磨崖仏不動明王立像、中:家型石棺、下:善光寺分身如来像

眼病治癒にご利益のある「磨崖仏不動明王立像」
日本一の高さ8メートルを誇る一閑寺の「磨崖仏不動明王立像」。 力強い形相の磨崖仏不動明王立像をよく見てみると、右目が上向きで左目が下を向いています。右目は天を左目は地を見ている様子が表されています。
泰澄大師が重い眼病で苦しむ村人のために眼病治癒祈祷を行い、岩壁の自然石に不動明王立像を刻みました。眼病はもとより、病気平癒のために不動明王立像を崇拝した人々の病は治り、地元の人はもとより近隣の住人も参拝に訪れるようになったといわれています。
天保年間の火災で全てを失った一閑寺当時の住持(住職)であった独角和尚(どくかくおしょう)は一閑寺の再建を願い、火災で劣化した不動明王立像の切り出しを石工の文助・七左衛門兄弟に命じます。兄弟は不動明王の切り出しに尽力しましたが、つるはしが折れたり、二人とも病に倒れるなどの事態に見舞われました。事態を重んじた独角和尚は霊石の魔除けに祈りました。するとある夜、和尚の枕元に赤々と燃えあがる炎とともに不動明王が現れ、「不動明王を切り出すのではなく、再度不動明王を刻め」と告げました。その後、兄弟の病は治り、和尚は兄弟と共に3年3ヵ月の月日を経て、8メートルを超える日本一の「磨崖仏不動明王立像」を完成させました。

独角和尚と分助・七左衛門兄弟によって完成された「磨崖仏不動明王立像」。日本一の磨崖仏の参拝に訪れてみてはいかがでしょうか。

更新日:2014年06月27日

アクセス 「鶴来」駅下車 徒歩約10分
住所 石川県白山市鶴来本町4丁目
チ18
お問い合せ 076-272-0453
備考 【拝観料】300円 【拝観時間】8:00〜17:00
印刷する

近くの目のご利益スポット

地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る