わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • ショッピング
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【北関東】 栃木県

日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)

日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)

世界文化遺産に登録されている「日光の社寺」。
日光の社寺とは「日光二荒山神社」「日光東照宮」「輪王寺」の二社一寺のことで、日光二荒山神社には眼病に霊験あらたかな霊泉があります。
今回は、日光二荒山神社をご紹介します。

上・中:境内の様子、下:神橋

上・中:境内の様子、下:神橋

日光二荒山神社について
「日光」駅から世界遺産めぐり循環バスに乗車し、約15分。世界文化遺産に登録されている日光二荒山神社があります。
日光東照宮の西奥に位置する日光二荒山神社は、奈良時代に男体山(なんたいさん:古くは二荒山と呼ばれていました)を御神体山として創建され、ご祭神に二荒山大神(フタラヤマノオオカミ)と称される主神(父)の大己貴命(オオナムチノミコト)、妃神(母)の田心姫命(タゴリヒメノミコト)、御子神(子)の味耜高彦根命(アジスキタカヒコネノミコト)の親子三神がお祀りされています。
古くから日光の山岳信仰の中心として崇拝される日光二荒山神社は、中世と徳川幕府の時代に多数の社殿が造営され、本殿や神橋をはじめ23棟は国の重要文化財、さらに平成11(1999)年12月に世界文化遺産にも登録されました。

※正式名称は「二荒山神社」ですが、宇都宮市にも同名の神社があるため、「日光二荒山神社」と呼ばれるようになりました。
二荒霊泉

二荒霊泉

眼病に霊験あらたかな「二荒霊泉(ふたられいせん)」
日光二荒山神社の神苑に、日光第一の名水と称されている「二荒霊泉(ふたられいせん)」があります。御本社の背後にある恒霊山の洞窟からこんこんと湧き出る「薬師霊泉」と、滝尾神社の境内で湧き出る「酒の泉」が流れ込む霊泉を「二荒霊泉」と呼んでいます。古来より、薬師霊泉は「眼疾に霊験あり」といわれ、この水を飲むと目の病が良くなると伝えられています。「酒の泉」の水でつくる酒は銘酒といわれているため、酒造関係の人々に篤く信仰されているのだとか。また、2つの霊泉が交わった二荒霊泉を飲むと若返りにも良いといわれているため、女性の参拝客もこぞってこちらを訪れています。
上:本殿、下:御神木

上:本殿、下:御神木

広大な敷地を有する日光二荒山神社
日光二荒山神社は日光市内に三ヶ所、標高2,486メートルの男体山山頂の奥宮、中禅寺湖畔に鎮座する中宮祠、さらに華厳の滝・いろは坂・日光連山等も境内に含まれるため、伊勢神宮に次ぐ広大な敷地を有しています。
御本社には日光最古の建造物で、元和5(1619)年に徳川二代将軍秀忠公によって建てられた本殿、奈良時代にこちらを参拝するために架けられた日本三大奇橋「神橋」、夫婦円満や家内安全、そして良縁結びのご利益が授かるといわれている「夫婦杉」「親子杉」。
記事ではご紹介しきれないぐらい、見所満載の日光二荒山神社です。
霊泉で点てられた抹茶

霊泉で点てられた抹茶

日光二荒山神社にある眼病に霊験あらたかな「二荒霊泉」。
二荒霊泉の横にある休憩所「あづまや」では、霊泉を使用した抹茶やコーヒーなどを堪能できるほか、霊泉お持ち帰り用のペットボトルの販売も行われています。
眼病や若返りのご利益を授かりたい方は日光二荒山神社を訪れてみてはいかがでしょうか。

更新日:2014年11月20日

アクセス 【御本社】JR・東武鉄道「日光」駅より循環バス乗車約15分後、「大猷院二荒山神社前」下車すぐ
【中宮祠】東武バス(湯元温泉行き)「二荒山神社前」下車すぐ
【奥宮祠】中宮祠の登山口より約3時間半
住所 栃木県日光市山内2307(御本社)
お問い合せ 0288-54-0535
URL http://www.futarasan.jp
備考 【神苑料】大人200円、小中学生 100円 【参拝時間】8:00〜17:00( 4月〜10月)、9:00〜16:00(11月〜3月)
印刷する
地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る