わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • 商品一覧
  • お買得コーナー
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【東海】 愛知県

大智院(だいちいん)

大智院(だいちいん)

愛知県知多市には、珍しいお姿の弘法大師像が安置されているお寺があります。
今回は、知多四国八十八ヶ所霊場71番でもある大智院をご紹介します。

上:入口、下:本堂

上:入口、下:本堂

大智院について
大智院は真言宗智山派の寺院で、正式名称は金照山清水寺(きんしょうざんせいすいじ)大智院といいます。
ご本尊は「聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)」、前立「馬頭観世音菩薩(ばとうかんぜおんぼさつ)」が安置されています。2月3日の「節分会」や10月第4日曜日の「めがね弘法大祭」が有名です。
知多四国八十八ヶ所とは、弘法大師・空海が東国巡礼の際に立ち寄った知多半島の風景が四国八十八ヶ所と似ていることから、「知多四国八十八ヶ所」と名付けられたとされています。
上:めがね弘法、下:本堂の内部

上:めがね弘法、下:本堂の内部

めがね弘法にまつわる眼病平癒のお話
大智院には「身代(みがわり)大師」という、弘法大師の尊像が安置されています。なんとその身代大師はめがねをかけていて、次のようなお話が残されています。
安政7(1860)年、伊予国(現在の愛媛県)から浅吉(あさきち)という老翁が自分の目の病気を治そうと知多八十八ヶ所を巡っていました。老翁は盲目の上、眼球が飛び出ていたため、周囲の人に見られないようにと、ろうそくの炎でこがしためがねをかけていました。ここ大智院に訪れた際も、自分の目が治るようにと身代大師へ一心に祈りを捧げると、一瞬にして見えるようになったのです。しかし、老翁の目が見えるようになった代わりに、弘法様の左目には傷ができてしまいました。
その夜、「老翁のめがねを我にかけよ」という弘法様の夢のお告げにより、そのめがねを弘法様にかけ、以来、身代大師「めがね弘法」として広く知られるようになったのでした。
めがね塚

めがね塚

めがねを通じてスリランカとの国際交流
境内にある「めがね塚」には、使われなくなっためがねがたくさん奉納されています。そして毎年10月の第4日曜日に、眼病平癒・健眼長寿の願いを込めた「めがね弘法大祭」が盛大に行われます。この奉納されためがねは供養されるだけでなく、なんとスリランカの人々に贈られているのだとか。それは、今から30年程前に、日本へ留学生としてやってきたスリランカ人の僧侶の「奉納されためがねをスリランカに送ってほしい」という願いがきっかけとなり、今日でも大智院に奉納されためがねがスリランカに送られ、第二の人生を歩んでいます。特にケース付きのめがねは大変喜ばれるのだとか。
金照堂薬房

金照堂薬房

金照堂薬房
ここ大智院の境内には、「金照堂薬房」という薬房が併設されています。ここでは眼精疲労の方におすすめの「目薬」、ブルーベリーのエキスが入った「先見飴」や「メグスリノキ茶」を煎じたお茶など健康に役立つ商品が販売されています。
眼病平癒をはじめ多くのご利益を得ることができる大智院。知多半島を訪れた際は、ぜひお立ち寄りください。

更新日:2014年06月27日

アクセス 名鉄電車「新舞子」駅または「大野町」駅下車 徒歩約20分
住所 愛知県知多市南粕谷本町1-196
お問い合せ 0569-42-0909
URL http://www.daichiin.jp/top.php
印刷する

近くの目のご利益スポット

地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る