わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • ショッピング
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【首都圏】 東京都

新井薬師 梅照院(あらいやくし ばいしょういん)

新井薬師 梅照院(あらいやくし ばいしょういん)

東京都・中野区の商店がひしめき合う街の一角に、地元の方から親しまれている寺院があります。
今回は、街のシンボルであり、そして眼病にもご利益のある新井薬師をご紹介します。

新井薬師について
新井薬師は真言宗豊山(ぶざん)派の寺院で、正式名称を「新井山梅照院薬王寺」といいます。ご本尊に、弘法大師・空海が薬師如来像と如意輪観音像を背中合わせに彫った高さ約5.5センチメートルの黄金仏が安置されています。
元々この黄金仏は、鎌倉時代の代表的な武将新田家の守護仏として代々受け継がれてきましたが、戦乱のさなか、城の仏間から光を放って消えてしまいました。
その後、行春(ぎょうしゅん)と呼ばれる僧が清水の湧き出るこの地に草庵を建て、修行に励みました。すると不思議なことに、庭にある梅の古木の下から毎晩、光が放つようになりました。天正14(1586)年3月21日に梅の木の根元を掘ってみると、消えた新田家ゆかりの薬師如来が出てきました。そして行春がこの薬師如来を安置するため、新たに建てたお堂が新井薬師といわれています。
ご本尊の黄金仏は普段は非公開で、寅年に御開帳されます(次回の御開帳は2022年)。

「目の薬師」
ここ、新井薬師は眼病にご利益があることでも有名です。
徳川幕府第2代将軍・秀忠公の第5子・和子(東福門院:とうふくもんいん)は、悪質な目の病気に悩まされていました。和子は、あらゆる寺院で眼病平癒の祈願を行いましたが、目の病気は一向に治りませんでした。しかし、ここを訪れ薬師如来に祈りを捧げたところ、目の病気が回復したのだとか。
和子の眼病がたちまちにして治ったことから、眼病平癒の祈願にここを訪れる参拝者が増え、「目の薬師」と呼ばれるようになったそうです。
また、江戸時代からずっと販売されている「め」を左右対称に書かれている「めめ絵馬」や、眼病平癒のお守りなど、眼病にご利益のある授与品もあります。

境内にある井戸水
清水が湧き出ていたことから、この地に新井薬師を建てた行春。地名の「新井」は、水源がきれいな地域に付けられる地名なのだそうで、昔は境内にある井戸の水で目を洗うと目の病気が治ったなどのいい伝えが残されています。
現在はこの井戸水で目を洗うことは勧められていませんが、どなたでも自由に持ち帰ることができます。
取材で訪れた時も地元の方が容器を持参して、井戸水を汲んでいる姿が見られました。

今日でも眼病平癒の参拝客が絶えない、新井薬師。中野の風情ある商店街と共に訪れてみてはいかがでしょうか。

更新日:2014年06月27日

アクセス 西武鉄道-新宿線「新井薬師前」駅下車 徒歩約5分
JR中央線「中野」駅下車 徒歩約20分
住所 東京都中野区新井5-3-5
お問い合せ 03-3386-1355
URL http://www.araiyakushi.or.jp
印刷する

近くの目のご利益スポット

地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る