わかさ生活 わかさの広場

  • 企業情報
  • ご登録の確認・変更
  • 定期お届けコースの変更
  • お問い合せ
  • 商品一覧
  • お買得コーナー
  • 通心ポスト
  • 友の会
  • クイズ
  • ビジョントレーニング
  • 総合案内所

全国の目にご利益のあるスポットを紹介! 全国目のご利益スポット

【近畿】 兵庫県

青倉神社(あおくらじんじゃ)

青倉神社(あおくらじんじゃ)

兵庫県北部に位置する朝来市は、天空の城で知られる「竹田城跡」をはじめ、「生野銀山」や「茶すり山古墳」など史跡や伝統ある町並みが残る街です。
今回は、「目の神様」として信仰が篤い「青倉神社」をご紹介します。

上:参道、中:社殿、下:巨石神像

上:参道、中:社殿、下:巨石神像

青倉神社について
朝来市の中心部から青倉山へ車を走らせて約30分。青倉山の中腹811メートルに青倉神社があります。
創建は不明ですが、昔から巨石信仰の神社として知られる青倉神社。参道から奥へ奥へと進んで行くと、ごつごつした岩壁の前に社殿が構えられています。2階建ての珍しい造りの社殿は、ご神体である巨石神像を覆うように建てられ、1階の拝殿では建物の中から巨石神像を拝むことができます。この巨石神像は高さ12メートルもある一枚岩のことで、巨石神像は社殿よりも高いため、その大きさに圧巻されます。また、社殿2階の神殿からは朝来市内の町並みを一望できます。
社殿の奥の山肌から湧き出る「御霊水」が、眼病に霊験あらたかなお水として知られています。
上:御霊水、中:拝殿(社殿1階)、     下:神殿(社殿2階)   

上:御霊水、中:拝殿(社殿1階)、     下:神殿(社殿2階)   

青倉神社に残る昔話〜青倉さんの不思議な水〜
現在も、こんこんと湧き出る青倉神社の「御霊水」。なぜ、この御霊水が眼病に良いのかというと…その理由が朝来市に伝わる昔話に残されています。
その昔、親孝行な息子と年老いた父親の仲の良い親子が住んでいました。ある時、父親がウドを採りに山へ出かけました。山にはウドがたくさん生えていたので、父親はウド採りに夢中になったそうです。ウドを背負って家路につこうとした時、ウドのとげが目に刺さってしまい、とてつもない痛みに襲われたのだとか。
その後、息子は父の治療を懸命に行いましたが、痛みは増すばかりで一向によくなりませんでした。ある夜、息子の夢枕に一人の老人が現れ、「岩から湧き出る水を目につけると治る」と告げられます。目覚めた息子は水を探しに山々を巡り、巨岩から流れる水を見つけました。その水を持ち帰り、早速、父の目を洗いました。するとたちまちにして目の傷が治り、痛みが消えたのだとか。
その後、目の病を患った人々がこの水を求めるようになり、「目の神様」として信仰が深まりました。

この昔話により、眼病に霊験あらたかな青倉神社の御霊水。実際に目に良いのか調べられたところ、なんと目の洗浄にも使われる「ほう酸」が御霊水に含まれていたのだとか。そのため、さらにこの地域の氏子は、今でもウドを食べない習慣が残されているそうです。
古くから「目の神様」として親しまれている青倉神社に訪れてみてはいかがでしょうか。

更新日:2014年12月02日

アクセス JR「青倉」駅より徒歩約7.5km
JR「新井」駅より車で約20分
住所 兵庫県朝来市山内権現谷82-1
備考 【拝観料】無料【参拝時間】自由【お問い合せ】079-672-4003(朝来市役所 観光交流課)
印刷する

近くの目のご利益スポット

地域一覧に戻る
目のご利益スポット トップに戻る

このページのトップへ戻る